センセーブ運河の爆発事故

主要交通のアクシデントに日本人社会も衝撃
背景には運賃値上げ避けるためのコスト削減

 

5日午前7時ごろ、バンコク・ラムカムヘン通りにあるワット・テープリーラー船着場において、センセーブ運河ボートがガス漏れで爆発。日本人を含め、乗客68人が負傷した。
同ボートは、街の中心を横切るように流れるセンセーブ運河を走る、バンコクの主要な公共交通機関。運営するクロープ・クルア・コンソン・2002は、1990年10月からセンセーブ運河ボートを運行。現在は71隻のボートを保有している。同運河を走っているボートは大型ボート(123席)と小型ボート(80席)の2種類。席数が決まっていても乗客に着席義務はなく、立って乗船する客もいて、すし詰め状態になることも。
爆発したボートは大型で、運輸省海洋局から利用許可も得ていた。最後の船検は2015年12月17日で、ボート免許も有効の正規の船。燃料はLNG(液化天然ガス)と軽油の併用で、エンジンはボート中央にある。事故当時の乗客数は123人と定員いっぱいだった。
事故翌日の6日、運輸省は調査班を発足。7日、オームシン運輸副大臣が進捗を報告した。それによれば、船尾で爆発が発生し、配管からのガス漏れがその原因と特定。すぐに同省はセンセーブ運河でのガスボート利用を禁止した。現在、同運河を走っているボートは71隻あり、内訳はガス26隻、軽油45隻で、26隻はガスボンベを外され、すべてのボートが軽油で運行することとなった。
そして運輸省は、ガス使用を禁止し、同省による検船のうえで軽油に変更させることにした。もしガス利用が発覚したら、罰金1万バーツを科す。また、軽油の値段が上がれば、ガス利用再開を検討するという。
ガス利用が拡大した理由は、ここ4年〜5年でガソリン価格の上昇したにもかかわらず、運輸省が運賃の値上げを認めてこなかったという経緯がある。コスト減を促すため、事業者に対し燃料としてガスと軽油を利用させてきた。ガスはこの5年間使われてきたが、事故は今回が初めてだった。
いきすぎたコスト削減が原因であれば、それを正すことは重要。運賃の上昇を受け入れることも必要だろう。

関連記事

  1. 【注目のタイニュース/5月2日〜8日】高市総務相、タイ政府と会談 他

  2. 【注目のタイニュース/7月25日〜31日】バンコク中心部の土地高騰 他

  3. 女優と無職男性の恋の果ては?

  4. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶三菱重工サーマルシステム…

  5. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶国際協力機構(JICA)…

  6. 誘拐から子どもを守れ!

  7. バンコクは渋滞都市、世界1位の理由とは?

  8. ビジネストレンド10大予測

  9. 夏季の風物詩到来

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP