タイのメーデー

「労働者の日」メーデー。タイでも労働環境改善が訴えられた

 

メーデーの5月1日。バンコクでも労働環境改善を訴え、集会が行われた。
タイ労働連合委員会と国営企業労働連盟は、国連事務所で集会を開催。タイ労働連合委員会のチャーリー副委員長は壇上で、「昨年、最低賃金を360バーツへ引き上げるよう求めたが、結局は310バーツ止まり。これは一人暮らしでもギリギリで家族を養える金額ではない」とし、「本来であれば(倍額の)620バーツが必要だが、政府の反応は芳しくない」と、現状に対する不満を吐露した。また、同集会では4月に政府へ提出した請願書も公開。「家族をまかなうに足る最低賃金の見直し」「(定年後の厚生年金増額など)社会保険制度の改善」「倒産手当支払の義務化」「投資によるリスク保証の基金設立」など10項目の内容を改めて確認した。
一方、プラユット暫定首相は労働省で開催された、タイ労働会議、国営企業労働組合連盟、インフォーマル・セクター・ネットワークの集会に出席。「国際労働基準の第87号(結社の自由及び団結権の保護条約)、第98号(団結権及び団体交渉権条約)の批准」「社会保険の改善」「インフォーマル・セクターの生活と福祉に関する法律の改善」「国営企業の民営化政策の中止」「(全員に退職金が支給されるよう)退職積立金法の改善」の5項目を提示した請願書が、同集会代表のシナチョート氏により手渡された。
メーデーの要望に関し、首相は「最低賃金引き上げと厚生年金増額には、関係各所との話し合いが必要。結論が出るまで待ってほしい」と留め、ラジオを通じて、「国にとって大事な存在である労働者には、深く感謝している。政府としては、失業率ゼロを目指しており、農業・製造業等、職種に関係なく、全国民の生活水準上昇のため、尽力する」と国民にメッセージを送った。
なお、ニダポールが1250人の労働者を対象に行なった調査では、生活水準について、「昨年から良くなった」と回答した人は約3割に留まっている。

 

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP