“タイ・ファースト”は目指さない

「政権交代しても継承するから投資して」。首相がタイ20年構想を発表

 

国家戦略“タイランド4・0”の本丸は東部経済回廊(EEC)構想か?
タイ投資委員会(BOI)は15日、プラユット暫定首相ほか副首相、経済関連閣僚らが顔を揃えた、タイの産業高度化を目指すセミナーを開催。基調講演では、同暫定首相が「今後20年かけて4・0を進める。政権が交代しても継承させる。そのための障害はすべて取り除く。安心して投資してください」と是々非々で臨むスタンスを明確にした。
同暫定首相は、「これまでタイはタイランド1・0(農業)、2・0(労働集約型の世界の工場)、3・0(重工業)と経済成長を遂げたが、未だに中進国の罠からは脱却できていない」とし、ICTによるイノベーションが4・0=産業の高度化につながることを強調。実現するためには、農村部の発展によるタイ全体の成長が不可欠だとした。
一方、セミナーでは産業高度化の象徴的な事業としてEEC構想の説明に終始時間を割いた。登壇した、ソムキット副首相(経済担当)は、トランプ米大統領の発言を引き合いに出し、「EECが目指すのは『タイ・ファースト』(タイ第一主義)ではなく、近隣諸国との連携だ」と語った。その上で、チャチューンサオ、チョンブリー、ラヨーンの東部3県にまたがる巨大工業団地地域を整備するEECが実現すれば、「CLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)との戦略的連携が完成し、ASEAN発展の起爆剤となる」と断言。EECでは、国際空港として拡張するウタパオと、ドンムアン、スワンナプームの3つの空港をつなぐ高速鉄道のほか、貨物専用線などの高度インフラ整備。バイオ関連、電気自動車、電気・電子部品、産業用ロボット、航空関連、医療・医薬品など新産業の誘致を促進。そのために、BOIのヒランヤー長官はEEC構想に沿った投資企業に対し、最長15年間の法人所得税免除のほか、研究開発や専門人材を育成するための総額100億バーツの助成金交付など、「最大限の投資恩典を付与する」と約束した。
開場横に設置されたEECの模型では、現在の開発地域からは想像もつかない近未来を再現。20年後、絵に描いた餅に終わっていないことを祈る。

 

関連記事

  1. EECの投資熱が急騰

  2. GDP成長率、見通し引き下げ

  3. 中国の“巨大なうねり”

  4. タイと米中貿易戦争

  5. プラユット政権発足へ

  6. 国連がタイ禁煙「不十分」

  7. タイ・コーヒー業界に激震

  8. タイ経済減速か!?

  9. プラユット首相続投へ!?

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP