タイ経済、好調の波続く

低迷が囁かれるタイ経済の実情とは

 


数年前から話題に挙がる“タイ経済の低迷”。だが、11月に入ってから連日のように耳にするのは、“好調”を示す数値ばかりだ。

世界銀行が発表した各国の起業難易度を測る指標「ビジネス環境の現状 2018」では、タイは190カ国中26位。前回の46位から飛躍的にランクアップし、東南アジアではシンガポール、マレーシアに続いた。

経済担当のソムキット副首相は「この結果には大いに満足している。ひとえに皆さんのおかげだと感じている」とコメントした。財務省財政経済事務局のスウィッチャヤ局長は「今回の要因として、もともと25.5日間必要だった起業手続きが4.5日間に短縮したことが大きく影響しているだろう。また電力供給の項目、税金支払いの項目などのランキングも非常に良くなった」と冷静に分析した。

タイ国家経済社会開発委員会事務局パラメーティー氏は、「2017年第3四半期のGDPは第2四半期の3.7%から4.3%に成長してきており、その成長率はこれまでで最も高い」と好調をアピール。

さらに、輸出額の2017年第3四半期は、前年比12.5%増の616億米ドルだと判明。また、今年9月(単月)は同218億1,200万米ドルで、昨年同期比12.2%増。過去最長7カ月連続の増加だと話題を呼んでいる。今年1〜9月では、すでに同9.3%増だと報告された。その内訳を見ると、1位は自動車及び関連部品(11.2%)、2位はコンピューター及び関連部品(7.6%)、3位はゴム製品(4.3%)、4位は熱可塑性物質(3.6%)、5位は重責回路(3.5%)となった。中でも、ゴム製品の伸びが顕著だという。同局は、「来年はさらに伸びるだろう」と予想した。

この結果を受けた商務省は、今年の輸出予想成長率を7%から8%以上に引き上げた。仮に今後3カ月間(10〜12月)の月平均が190億6,100万米ドル以上となれば、今年の輸出総額は過去最高となる。

噂に躍らされることなく、目の前の顕著な数字に期待したい。

関連記事

  1. タイと米中貿易戦争

  2. プラユット政権発足へ

  3. 国連がタイ禁煙「不十分」

  4. タイ・コーヒー業界に激震

  5. タイ経済減速か!?

  6. プラユット首相続投へ!?

  7. 戴冠式

  8. AIが変えるタイの未来図

  9. 預金利息に税金

おすすめ記事

  1. バンコクのカフェ特集
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  4. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  5. 冷えと代謝

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP