ドンムアン空港で4時間待ち

チェックイン、トイレ、タクシー‥‥‥

さまざまな問題が指摘されるタイの空港だが、今回は

 

発端は、タマサート大学法学部教授によるフェイスブック上の投稿だ。そこには、ドンムアン空港の出入国審査場の大混雑の様子が写されていた。同教授は、今月4日夜に奥さんを迎えに同空港を訪れたが、入国審査を終えるまでに4時間もかかったという。同空港で飛行機の着陸が多い時間帯は、午前5〜7時と午後9時。通常、入国審査には1人に対して最低でも約45秒かかる。カウンター数は14。理想を言えば、飛行機から降りる乗客数は1時間に1000人を超えるべきではない。おそらく、同教授が訪れた時は2000人を超えていたのだろう。同教授が入国審査官に尋ねたところ、「同時に複数の便が到着したため」だと言う。だが、飛行機の離発着を管理するタイ空港公社(AOT)は、「空港利用者の出入国審査を管理するタイ入国管理局が、混雑問題に対する対策を前もって準備していないためだ」と、責任を回避。最終的にAOT側は「ドンムアン空港の出入国審査場のスペースを増やすよう交渉したい。タイ国民間航空庁(CAAT)からの承認を得られるよう8月中に提案する」と言及。また、9月以降に同スペースの拡張工事に着手し、1時間に1800人を受け入れられるようカウンターを8つ増やすと述べている。タイ在住日本人なら、待ってました! と手を打ちたいところだろう。1日でも早い完成を願う。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP