ロヒンギャ事件に有罪判決

タイ最大の人身売買。タイ元高官に50年の懲役

 


2年前、タイ南部のソンクラー県ケオ山中で発見された難民キャンプ場と大量の遺体。タイ元高官らが関わり、世界中から注目を集めた“ロヒンギャ事件”の裁判が7月19日、バンコク都内の刑事裁判所で行われた。被告人はタイ元高官を含む102人。うち62人に有罪判決が下された。

ロヒンギャ族は、もともとミャンマーに住むイスラム教徒の少数民族だった。だが、仏教徒が国の9割を占めるミャンマー政府は同族を迫害し、1982年に国籍までも剥奪。そんな同族を狙ったのが、人身売買を生業とする密航業者だった。以降、タイに逃亡を図る難民もいたが、そもそもタイは難民条約に加盟しておらず、難民を受け入れる法律もない。同族が逃亡して来ても、不法入国者として拒否せざるをえないのが現状だ。

この事件の中心人物とされるのが、2人。当時サトゥーン県地方自治体の市長だったパッチュバン被告と、タイ王国国内治安維持部隊(ISOC)の第4管区元司令官だったマナット被告だ。パッチュバン被告は、サトゥーン県に密航された同族をキャンプ場に連行、かつ死亡した同族らを埋めるよう指示するなど同キャンプ場の統括者だった。一方、マナット被告は警察が発見した同族らを、法律に則り国外追放するふりをしてキャンプ場に連行。取引額はひとり8〜10万バーツと言われ、総額1,485万バーツを受け取っていた。最終的に、パッチュバン被告は懲役50年という被告人の中でもっとも重い刑罰を科され、マナット被告もそれに次ぐ懲役25年となった。

アメリカ国務省の人身売買に関する年次報告書によると、2014年のタイは「Tier3(基準を満たさず努力不足)」と認定。15年から現在までは「Tier2 WatchList(基準は満たさないが努力は中級、被害者多数、前年より改善が見られないまたは次年以降の改善を約束しない)」と警鐘を鳴らされている。氷山の一角に過ぎない今回の事件だが、改善への契機となることを期待したい。

 

関連記事

  1. EECの投資熱が急騰

  2. GDP成長率、見通し引き下げ

  3. 中国の“巨大なうねり”

  4. タイと米中貿易戦争

  5. プラユット政権発足へ

  6. 国連がタイ禁煙「不十分」

  7. タイ・コーヒー業界に激震

  8. タイ経済減速か!?

  9. プラユット首相続投へ!?

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP