国民に愛されたタイの慈父

10月13日午後、プミポン国王の崩御が発表された
国民から絶大な支持を受けていた国王の功績

 

「タイの父」と呼ばれ、全国民から愛されたプミポン・アドゥンヤデート国王が、13日15時52分、都内シリラート病院で崩御された。今回は、タイを近代国家へと導いた国王の功績を振り返る。
プミポン国王は1946年、兄のラマ8世の早逝により19歳で即位。在位70年は世界最長を数え、「足るを知る経済」理論の提唱者としても知られている。また、即位以来、国内各所の僻地を重点的に訪問。自ら市民の声を聞き、国が抱えるさまざまな問題を解決。農業を中心とした王室プロジェクトはこれまで4000以上が実施され、今も国民の生活を支えている。
そのうちの一つ、「人工降雨技術」は、55年に東北部を訪問された際、生活・農業用水の不足を知り、海外の人工降雨の研究結果を参考に発明。75年の完成以降、今に至るまで国民の生活に寄与している。89年に完成した「チャイパタナ水車」は運河や池の廃水を処理し、酸素を注入することで水質を改善するというもの。93年には特許を取得した。国王による特許取得は世界初で、その功績を讃え「発明者の日」(2月2日)が制定された。
また、かつて世界最大のアヘン生産地と言われたタイ北部の山岳地帯。国王が山民に自立した暮らしをと農作物を持ち込まれたことで、今ではオーガニック野菜やコーヒー、果物の産地へと生まれ変わり、「ドーイカム」というブランドで全国販売されている。
洪水問題にも高い関心を持たれ、北部から都内へ入る水を海に流す洪水対策プロジェクト「サルの頬」は有名。さらに、人材教育分野では、優秀な学生の海外留学をサポートする「アーナンタマヒドン奨学金」を設立された。
プミポン国王は、音楽の制作やサクソフォンの演奏、絵を描かれるなど多趣味としても知られた。また、ヨットやバドミントン、テニス、射撃など、スポーツ愛好家でもあり、特にヨットでは、67年の東南アジア競技大会では金メダルを獲得しているほど。
国民のために、休む間もなく70年間、精力的に公務をこなされてきたプミポン国王。「この国は最良な国ではないが、世界最高の王様がいる」と国民の誰もが胸を張るほどに愛された人柄の持ち主であられた。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP