新たばこ税で波紋

喫煙者減と歳入増を目論むも、思わぬ誤算

 


弊誌でも9月に取り上げた、新物品税(新間接税)。施行当時、財務省物品税局のソムチャーイ局長は「新税により、国民の飲酒や喫煙の機会を減らし、健康志向を促します。同時に歳入増が期待できる、現代に即した税法だ」と鼻息荒く説明していたが、“たばこ税”に関しては目論見が外れたようだ。

新税制により、たばこは店頭価格(1パッケージ60バーツ以下なら20%、同61バーツ以上は40%)への課税と、たばこ1本あたり1.2バーツの税が加わった。

これを受けて、タイたばこ公社は自社製品(国産)の一部を除き、概ね1パッケージあたり約100バーツの値上げに踏み切った。ところが、逆に民間の輸入たばこ販売会社らは、こぞって輸入たばこの価格を約60バーツに下げる戦略に打って出た。

この結果、新税制導入から約1カ月でたばこの市場シェアが激変。これまで80%を占めていた同公社(国産たばこ)が65.9%に縮小する一方で、輸入たばこは20%から32.5%へと大きく拡大した。蓋を開けてみれば、喫煙者の減少はおろか、国の歳入となる公社の売上が下がるという、本末転倒の結果を招いてしまった。

公社のダウノイ総裁は、「このままでは生産量が大幅に減り、来年の売上予測も100億バーツ以上縮小せざるを得ない。そうなれば、自ずと国内の葉たばこ農家にも影響を及ぼすだろう」と指摘。政府に対し、是正処置と税制改正を要望した。

これに対し、物品税局のギッサダー現局長は「法律は施行されたばかりで、他の多くの物品に関わる。簡単に変えることは難しいだろう」とコメント。値下げに踏み切った民間企業らも、「値下げはビジネス的な戦略であり、不当ではない」と正当性を主張する。

今後も、タイのたばこ市場(約800億バーツ)を巡る攻防は続きそうだ。ただ、世界の潮流は“禁煙”なだけに、遅かれ早かれ愛煙家が耐え忍ぶ社会へと進む道筋は、変わらないだろう。

関連記事

  1. プラユット政権発足へ

  2. 国連がタイ禁煙「不十分」

  3. タイ・コーヒー業界に激震

  4. タイ経済減速か!?

  5. プラユット首相続投へ!?

  6. 戴冠式

  7. AIが変えるタイの未来図

  8. 預金利息に税金

  9. 5G導入、官民に温度差

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP