知ってる? TCCグループ

ビッグCに続きKFCも買収。グループ名よりも浸透する傘下企業

 


ビール「チャーン」などを製造・販売するタイ・ビバレッジ(以下タイビバ)は9日、ファストフード店「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」を展開するヤム・レストランから同社の直営店240店を買収すると発表した。買収額は113億バーツを見込む。

タイのKFCは約600店。ヤム・レストランの直営店以外は、小売り大手セントラルグループが219店、レストランツ・デベロップメント(RD)が123店を運営している。 ヤム・レストランは、「今後は、FC方式で多店舗展開を図るため、直営店の譲渡先を探していた。タイ全土で800店舗を目指す」という。

初のファストフード事業に乗り出したタイビバが、巨大財閥“TCC”グループの中核企業であることを外国人の多くは知らないかもしれない。むしろ、ブランド名にも使われるCPグループやサハ・グループの方がよく聞くだろう。だが、タイで生活をする上で、TCCグループの恩恵を受けない日はないほど、グループの多くが生活に密着している。中核企業タイビバは前述のとおり、ビールのほか、水、スポーツ・栄養ドリンクといった飲料大手。傘下には、緑茶飲料と日本食レストランを展開するタイ上場会社オイシ・グループを持ち、工業団地を中心にレンタル倉庫サービスを展開するTICONのほか、タイ小売り大手ビッグCスーパーセンターも2016年3月にフランスのカジノ・グループから買収したばかり。他にも、印刷・メディア大手のアマリン・プリンティング、不動産関連ではインペリアルグループ、日本人にもお馴染みの商業施設「ゲートウェイ・エカマイ」や「アジアティーク ザ リバーフロン」も同グループに含まれる。

まさに、コングロマリット企業のTCC。17年版の米経済誌「フォーブス」が発表した世界長者番付でも同グループ総裁のチャルーン氏が堂々の60番(タイNo.1)で、総資産は5,916億バーツ。M&Aによる急拡大を見せるTCCから今後も目が離せない。

関連記事

  1. 【BUSINESS TOPICS in Thailand】CLOSE UP▶帝人

  2. 5G導入、官民に温度差

  3. タイ初!「桜まつり」開催

  4. もうすぐソンクラン

  5. 頑張れ! 中小企業

  6. どうなる? 次期政権

  7. 預金利息に税金

  8. ボランティアとゴミ問題

  9. 夏季の風物詩到来

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP