賛否渦巻く性犯罪の死刑論

タイ全土に蔓延している、婦女暴行をはじめとする性犯罪
殺人に至る例もあり、加害者への刑罰に対する議論が広がっている

 

ここ最近、タイ国内では、わいせつ行為や性犯罪の事件が毎日のように発生し、メディアを騒がせている。先日も、サラブリー県の女性教師が性的暴行を受けた上に殺害され、ノンタブリー県では、61歳の女性が31歳の男性から乱暴される事件が起きた。
タイ国家警察によると、2009〜13年の間に発生した性的暴行事件の発生数は年平均で約3万件。また、女性と子どもの人権保護活動を行うNGO団体「パウィナー財団」には、昨年656件もの被害が報告された。また、暴行後に殺害された被害者の中で最も低い年齢は1歳8ヵ月、最高齢は81歳。加害者の多くは継父や友人、近所の人間だそうだ。
タイの法律では、性的暴行を加えた上、相手を殺害した犯人に対する最高刑は死刑。だが、犯人が自ら殺害を認めた場合には終身刑に減刑される。度重なる事件を受け、国民からは自白による減刑の廃止を望む声があがる一方、暴行殺人=死刑となると(殺害する必要性がなくとも)被害者が口封じに殺される可能性が高まることなど理由に、反対する声もある。
そんな中、2つのドラマに注目が集まった。一つは3チャンネルで放送された「レーンターワン」、そしてデジタル放送GMM25チャンネルの「プアン・ラック・プアン・ラーイ」。どちらも、ストーリー中に性的暴行シーンが含まれているにも関わらず、高視聴率を記録。性犯罪への厳罰を求める一方で、このような内容のドラマが人気を得ていることに対し、タイの社会問題を投稿・議論するSNSページでは、「性犯罪者には死刑を求めているのに、このようなドラマを支持するとはおかしい」といったものや「こういった人たちの意識が変わらなければ。法改正だけでは犯罪率は下がらない」といったコメントが寄せられた。
これに対し、視聴者の多くは「ドラマはドラマとして、現実とちゃんと区別して見ている」と反論。しかし中には「男の主人公が相手の女性に乱暴する理由も理解できる。それに、結局はハッピーエンドで終わるから問題はない」と、性犯罪を正当化するような意見もあり、ファンの間でも議論が起きている。

関連記事

  1. タイの高齢化対策

  2. 強姦罪に極刑を適用

  3. お喋りカラスが幸運呼ぶ?!

  4. タイローカル塾に変革の波

  5. 戴冠式を終えた国民の声

  6. 死体博物館の目玉に異論

  7. HIV感染をセルフチェック

  8. “迷惑な人”を見せしめに

  9. タイの徴兵事情

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP