「eTukTuk」が走行中! Jリーグのラッピングカーも登場

バンコク都内で、電動トゥクトゥク(eTukTuk)を使用した移動シェアリングサービス MuvMi の運用が開始された。

同サービスはスマホアプリを介して乗降地や乗客数の指定、支払いまでを完結させるオンデマンド方式を採用。都内の移動に、環境に優しい公共交通機関を手軽に利用できる。

また、8月15日までの間、日本のサッカーJリーグのJ1チームカラーにラッピングされた車両(全18クラブ)が走行中で、他の車両と同様に乗車できるという。

 
 

この記事をSNSでシェア!


サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る