ANEST IWATA SOUTHEAST ASIA CO., LTD.

アネスト岩田

コンプレッサ、真空ポンプ、塗装機器、塗装設備、液圧機器の製造及び販売

タイ製造現場のFA化を支える
「得意の“省エネ”が必ず貢献します」

 

漏電、発熱、電磁ノイズの心配のないコンプレッサは、製造現場には欠かせない。まして、現場のFAにより、さらなる生産サイクルの安定化を図るには、省エネ=高効率なコンプレッサを求める声は尽きない。そうした時代の声に応えるのが、1926年創業のコンプレッサ、真空ポンプ、塗装機器の専門メーカー「アネスト岩田」だろう。
言わずと知れた同社の強みは、90年という歴史に裏打ちされた技術はもちろんのこと、生産販売・設置から、自社メンテナンス・省エネのコンサルティング業務の提供までを一気通貫で手がける。タイ進出は2005年。コンプレッサの組み立て工場を有し、商品レンジは1HPから180HPまでと幅広い。メーカー自社工場だけあって、製品・部品共に常備在庫は潤沢にあり、リードタイムなく対応できる体制を持つ。
昨今、タイでは、人件費の高騰化や決して安価ではない電気代などを背景に、製造ラインの“FA化”と“省エネ”が叫ばれている。そこで同社が目下取り組むのが、最も低いコストで省エネを実現できるコンサル業務だ。
小田耕太郎マネージングダイレクター(MD)はこう話す。「コンプレッサは、工場の電気代の30%ほどを占めています。場合によってはコンプレッサの電気代を、“5割削減”といった工場もあります」。日本人スタッフを10人配置し、商品開発・生産管理・省エネコンサル・メンテナンスサービスなど、顧客のニーズや用途に合わせてきめ細やかな提案ができるのも強みの一つ。特にメンテナンスサービスはメーカー自身が行うことで、より質の高い点検・整備の敏速化を可能とした。
FAの目途に掲げられる、“製造現場のムダゼロ”を具現化する企業のひとつだ。

 

  • ①工場エアーラインを現行より低圧化することが、消費電力削減の最善策。高圧が必要な場所だけをブースターコンプレッサで増圧
  • ②バンコクオフィスはラマ9世通りに立地。小田MD(左)は「市場の好不況にかかわらず、現行設備の改善提案がメーカーの使命」と語り、省エネコンサルを担当する高野博也マーケティングマネージャーは「不況だからこそ、FA化に設備投資する企業も多いでしょう。即効性のある電気代削減対策をワンストップで行います」と話す
  • ③チョンブリー県アマタナコン工業団地にある製造工場。エンジニアを増強し、さらなるサービス充実を図る
  • ④インバーター搭載のクローコンプレッサ。使用状況に応じてモーターの回転数を制御し、省エネに貢献する

 

  TEL: 02-643-2870 / 089-991-1802(高野)
  5A Fl., Chaiyo Bldg., Room 5A10, 91/1 Rama 9 Rd., Huaykwang, Huaykwang, Bangkok 10310
  E-mail: hiroya.takano@anest-iwata.co.th
※この情報は2017年2月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工
    技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top