FANUC THAI LIMITED

ファナック タイ(バンコク・オフィス)

ロボット、ロボマシンの販売及びサービス、CNC、レーザー発振器のサービス

世界企業が掲げる最大のサービスは顧客第一
世界の製造現場に革新と安心を届ける

 

日本で民間初のCNC(コンピュータ数値制御)とサーボ開発に成功し、現在ではFA(CNC、サーボモータ、サーボアンプ、レーザ発振器など)、ロボット、ロボマシン(小型切削加工機、電動射出成形機、ワイヤカット放電加工機)の販売とサービスに注力する「FANUC」。各部署が一体となり顧客の要望に応える「one FANUC」を掲げ、製造・販売・サービスを提供する産業機械メーカーとして、世界中で圧倒的な信頼と知名度を誇る。「サービスファースト」の精神で、世界46ヵ国、250以上のサービス拠点を置き、顧客を全力でサポート。生産ライン、工場の稼働を決して止めないことが至上命題だと全スタッフが共有している。東南アジア最大の拠点となるタイ進出は1989年。海外展開は、顧客の進出が増加したためだった。同社のテーマである「Customer Satisfaction」の下、顧客が安心して製品を利用できるサービス(部品供給、人員体制)を徹底追求し、最大限の支援・メンテナンスを行う。現在、工作機械に搭載するCNCの日本国内シェアは75%超。世界でも60%を超え、タイでの商品納入数は、主力のCNC機器を中心に全体で約5万台。 また、タイで稼働する最も古い機械は25年以上前のもので、通常、部品生産は製造から10年程度で打ち切られるが、同社では「顧客の機械が稼働する限り、提供し続ける」という「生涯保守」を守り、部品を“宝”として大切に保管し続けているという。同社がFA、ロボット、ロボマシンのリーディングカンパニーとして、その高い地位を築いてきたのは、商品の性能や耐久性もさることながら、海外でもケアしてくれる安心のサポート体制があったからこそ。絶対的な商品力と信頼性は、この地でも揺らぐことはない。

 

  • ①高信頼性、高性能の小型切削加工機であるロボドリルは累計出荷台数21万台を達成し、世界一の販売実績を誇る
  • ②民間企業で日本において最初にNCを開発した同社。高性能、稼働率向上、使いやすさを追求したCNCは、累計出荷台数が350万台以上となった
  • ③「FANUC Robot iシリーズ」は、各種知能化機能を搭載した高性能ロボットコントローラ「R-30iB」により、制御される高信頼性インテリジェントロボット
  • ④ロボショットは、CNCサーボ技術を使用し、優れた安定成形、精密成形、高精度な金型保護、省エネを実現した電動射出成形機。ファナックロボットとの簡単な接続が可能
  • ⑤日系製造業の需要の高さから海外拠点唯一、土曜出勤を行っているタイ拠点。日本人は現在6人で、サービスエンジニアを中心に60人以上が在籍する

 

  TEL: 02-714-6111
  1301 Pattanakarn Rd., Suanluang, Suanluang, Bangkok 10250
※この情報は2016年10月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート
    高精密の日系製品を扱い タイの製造業を全力でサポート

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top