NT TOOL (THAILAND) CO., LTD.

エヌティーツール タイランド

工作機械装着用機械工具(ツーリング)等の製造販売

独自ブランド開発し、ASEAN展開
負けないのは、ニーズに応える基盤力

 

ドリルなどの切削工具を工作機械に取り付ける際に、アダプターとしての役割を果たすツーリング。求められるのは、完成品の品質を左右する重要な役目を果たす工作機械や切削工具の役割を最大限発揮できるか否かで、常に高い精度が要求される。厳しい市場ニーズのなか、NT TOOLの製品は、世界30ヵ国以上に輸出され、“NT”ブランドとして定着する。製造業を中心とした産業集積地タイに進出したのが2001年。当初からアユタヤ県ハイテック工業団地に生産工場を構えた戦略は正しかった。11年の洪水時は同社も被災したが、その後は復興需要も合わせながら着実に生産能力を増強。「この地のモノづくりを支える一躍を担えています」と長友雅史マネージングダイレクター(以下MD)は話す。生産拠点を持つ強みは、従来からの主力商品コレットホルダやミーリングチャックに加え、簡単操作で高精度のハイドロチャック、生産性改善に用いる完全自社開発のツールプリセッタAiges-iシリーズを展開する一方で、同社の特殊表面処理ホルダは高温多湿の東南アジアでも錆びないと好評。タイ独自の商品“コレットホルダMDC”(アジアモデル)も誕生した。新製品は、エンジニアの力量の高さに比例する。それだけに、同社が開く製品セミナーは、参加したスタッフからわかりやすいと好評。また、杉山勲アセアンリージョナルマネージャーが「現場に足を運び、生産効率を上げる提案に力を注いでいます」と話す通り、生産拠点を備えることで現場の課題に即対応できる環境も強みだ。16年8月からは、“即納ニーズ”に応えるため物流面のテコ入れも図る。ASEAN展開も本格化させ、基盤強化の手を緩めることはない。

 

 

  T035-314-180~1、 081-991-2932(小林)
Hi-Tech Industrial Estate, 222 Moo 1, Banpho, Bang Pa-In, Ayutthaya 13160 Thailand
  E-mail: hideho@nttool.co.jp
※この情報は2016年08月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top