OKAMOTO (THAI) CO., LTD.

オカモト(タイ)

平面研削盤及び鋳物の製造販売

世界唯一の総合砥粒加工機メーカー
技術の伝承と類のない一貫生産体制

1926年(大正15年)創業の岡本工作機械製作所は、平面研削盤や歯車研削盤を他社に先駆け、国産開発に成功するなど、日本の研削盤メーカーのパイオニアだ。現在は、用途に応じた平面、成形、内面、円筒、歯車といった豊富な研削盤ラインナップで、他の追随を許さず、世界で唯一の総合砥粒加工機メーカーとして名を馳せる。世界へ輸出するなか、同社は生産・販売計画に応じて日本、シンガポール、タイの主要生産拠点を効率的にネットワーク化し、機種による生産分業体制を確立。また、タイ現地法人の荒井忠雄マネージングダイレクター(以下MD)が「分業体制は、生産効率だけでなく、技術の伝承の系譜でもあるんです。特に技能の象徴でもある手仕上げの“キサゲ作業”は、日本からシンガポールへ、そしてタイへと伝わっています」と語る通り、87年のタイ進出以降、多くのベテラン“キサゲ士”を育ててきた。一方、タイの地では、業界を牽引するリーディングカンパニーとしての責任を体現。他のメーカーでは類のない素材からの一貫生産体制を構築している。機械本体のベースとなる鋳物は木型の設計から製造までを社内で完結。部品加工、塗装、製品の組立完成に至るまで、徹底した内製化を進めた。「木型と鋳物工場が同じ敷地内にあること自体も珍しいんです」(市川明工場長)。一貫体制により、タイ工場では工作機械の増産(月産約90台)、納期短縮、トラブル発生時の早期解決、他メーカーの素材(鋳物)を請け負うなど、月産1800トン(鋳物)の生産能力を保有する。“一貫体制”だからこその強さなのだろう。

 

  TEL: 03-572-1660 / 081-946-7420(西村)
  174 Moo 2, Chamaeb, Wangnoi, Changwat, Ayutthaya 13170
  URL: www.okamotothai.com
  E-mail: nishimura@okamotothai.com
※この情報は2015年9月現在の取材を元にしています

 

【特集】機械特集〜製造業の“現在”(いま)を伝える企業を一挙紹介!

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top