OKUMA TECHNO (THAILAND) LTD.

オークマ テクノ(タイランド)

NC工作機械の販売・メンテナンス

最大の強みは、代名詞“高剛性”と
独自NC装置の開発・生産力

日本の工作機械業界で、御三家の一角を担う今年、創業から117年を迎えるOKUMA(オークマ)。 現地法人の設置は2000年。その後、11年の大洪水後の自動車生産台数の急激な拡大を背景に、受注が増加。アフターメンテナンス体制のさらなる充実が急務となったという。現法トップの三井忍マネージングダイレクターが「メーカーとしての責務を果たすため」と話すとおり、現在、多くの顧客数を有している同社は、“責務” というお題目の下、14年4月には、新社屋を開設し、サービス向上に手を緩めることはない。同社の代名詞は“高剛性”。つまりは、丈夫で硬い金属でもスムーズに削れる強さにある。また、最大の特徴が、工作機械の頭脳である数値制御(NC)装置を自社で開発・生産している点だ。「工作機械では母体であるメカ部分とNCは相補関係にありますが、多くの同業メーカーは、他社製のNC装置を採用しているところが殆どです」(三井氏)。独自製品であれば、不具合が生じた際に、他社(NC装置メーカー)を通すことなく、自社内で完結できる。安定生産を求める企業にとって、不測の事態の迅速対応は大きなメリットだ。一方で、日本の工作機械は高い精度を武器にシェアを伸ばし、反面、低価格機種では韓国や中国メーカーの独壇場であった。ところが、同社は台湾工場で「GENOS(ジェノス)シリーズ」と呼ぶ、コストパフォーマンスに優れた小型旋盤や縦型マシニングセンタを生産し、同価格帯でも勝負にでる。「アフタサービスという付加価値があるからこそ戦えます」と同社の快進撃は止まらない。

 

  TEL: 02-322-2445 / 089-815-5996(音羽)
  38 Motorway Rd., Prawet, Prawet, Bangkok 10250
  URL: www.okumathai.com
  E-mail: h-otowa@okuma.co.jp
※この情報は2015年9月現在の取材を元にしています

 

【特集】機械特集〜製造業の“現在”(いま)を伝える企業を一挙紹介!

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 5000社から最適な機器提案 “未来を計る”計測器・試験機
    5000社から最適な機器提案 “未来を計る”計測器・試験機

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top