ORION MACHINERY ASIA CO., LTD.

オリオン機械

エアードライヤー・フィルター等工場用圧縮空気のクリーンシステム機器及びチラーの製造・販売

エアードライヤーのトップメーカー
タイ国内初の日本製チラーの販売を開始

 

1946年、合資会社として誕生した「オリオン機械」。日本で初めて搾乳機の国産化を実現し、酪農機器で培った技術でエアードライヤー、チラー、ドライポンプ、ジェットヒーターなどの産業機械を製造・販売してきた。タイへの進出は2011年。中部アユタヤ県にあるロジャナ工業団地に「ORION MACHINERY ASIA」を設立し、今ではタイを拠点にベトナムやASEAN周辺国にも販路を拡大。同分野のリーディングカンパニーとして高品質な製品を世界へ発信し続けている。
その地位に甘んじることなく、成長を続ける同社。日本語を話せるタイ人営業・設計・その他スタッフも新たに加入し、ローカル企業とのよりスムーズなやり取りも可能になった。清水由和マネージングダイレクターが「品質、生産能力、サービスと、社全体のクオリティの向上を目指しています」と語る通り、ビフォー・アフターを含めたトータルサービスのさらなる充実を図っている。
このほど、日本で4月に発売を開始した新型チラーをタイでも導入。小型から大型まで製造・販売を手掛ける。従来品より省エネ、高精度でエコに特化しているDCインバーターチラーと新型チラーは、タンクの給水口のワイド化、残水量の確認にLEDランプを採用するなど、使い勝手を追求。オプションも充実しており、顧客のニーズに幅広く対応する。新型チラーの導入はタイ国内初。信頼のオリオン製を、日本同様に購入できることは魅力的だ。11月のMETALEXには、チラーと共にエアードライヤーの新機種も展示。会場に足を運び、世界に誇る“オリオン・クオリティ”をぜひその目で確認してほしい。

 

  • ①DCインバーターチラー(左)と小型水槽付きチラー
  • ②アユタヤ工場で生産しているエアードライヤーの新機種「ARX180K」は、タイの過酷な環境でも性能が落ちにくいヘビーデューティ仕様となっている
  • ③アユタヤ工場はオリオングループにとって9番目の海外工場。敷地面積2万㎡と、同グループ最大規模を誇る
  • ④(左より)営業の白井氏、マネージングダイレクターの清水氏、設計の高見澤氏。今年、日本本社は創業70周年を迎え、搾乳システム等の取り扱いを行う酪農ビジネスにも着手した

 

  TEL: 035-246-828 / 086-372-3512(白井)
  33/3 Moo 5 Sambundid, U-Thai, Ayutthaya 13210
  E-mail: shirai-yasushi@orionkikai.co.jp
※この情報は2016年10月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 複合機・プリンター等の輸入・販売
    「お客様第一主義」をテーマに、タイ国内の複合機・プリンターの販売とサポート環境を拡充。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top