TRIX MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.

トリックス マニュファクチュアリング(タイランド)

表面処理業及びプレス加工

バランス経営と強みの自前化がカギ一貫生産体制で順調に成長

「私は部下に仕事を教えなければいけません。そのために、自分のスキルをもっと上げたいと思っています」。今年5月下旬、「技能で勝ち残れる会社」にするため、従業員全員が参加して行われた「Thai TRIX技能オリンピック」。優秀賞に輝いたタイ人スタッフの一人はこう言って、受賞を喜んだ。2014年に始まった社内イベント。参加者らの表情は真剣そのものだ。「“技能を磨きたい”という動機で取り組んでいます。作る喜びを極めることで、幸せを分かち合ってほしい」。青木典夫マネージングダイレクター(以下MD)は目を細めた。
親会社の前身は、1968年創業の「東海メッキ工業」。表面処理事業からスタートし、現在はプレス板金加工ほか一貫した製品工程を実現。これを海外市場でも提供しようと考え、96年にタイへ進出した。
11年の赴任時に向こう4~5年後を見据えた成長戦略を描き、カギとなる二つの柱に「バランス経営」と「自前化」を挙げる。前者はリスク分散と言い換えてもいいだろう。二輪車向け製品の比重が大きい現状を、四輪あるいはそれ以外に順次、分散・拡大化させていく方針だ。一方、後者は経費削減と効率化の必要性が生まれたため。タイ国内の労働賃金はこの20年で数倍にも上昇。これを補うために導入したのが、生産ラインの見直し“カイゼン”と、強みの自前化だった。プレス加工は03年に始動。日本工場と同様の一貫生産体制が実現することができた。冒頭のタイ人スタッフの言葉は、事業が順調に軌道に乗っている証なのだろう。

TRIX

 

  TEL: 037-208-563 / 089-938-4116(菅山)
  223 Moo 7, 304 Industrial Park, Thatoom, Srimahaphot, Prachinburi 25140
  E-mail: sugayama@trix.co.th
※この情報は2015年7月現在の取材を元にしています

 

【特集】表面処理 製品の耐熱性を、耐食性を高め、長寿命化をもたらす表面処理加工

【特集】表面処理 製品の耐熱性を、耐食性を高め、長寿命化をもたらす表面処理加工

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 次世代型の電子黒板「IWB」。タッチセンサー搭載。画面に直接書き込み、情報をデジタル化。異拠点間でのデータ共有・保存も可能。
    次世代型の電子黒板「IWB」。タッチセンサー搭載。画面に直接書き込み、情報をデジタル化。異拠点間でのデータ共有・保存も可能。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top