四十肩・五十肩

菅谷 卓広▶世界最先端の電気治療を筆頭に、整体や鍼、カイロプラクティックを融合した複合治療を行う「ペイン アウェイ クリニック」院長。身体のエキスパートとして、タイで12年の実績を誇る。

小田原 靖▶企業と求職者に新たな出会いと可能性を提供する、創業25年の日系人材紹介会社「PERSONNEL CONSULTANT」社長。在タイ歴20年以上。プライベートでは育ち盛りの3児の父。


「急に肩が痛くなった」「腕が上がらず着替えもままならない」。中高年に差し掛かり、そんな症状が続くと「四十肩・五十肩」という言葉が頭をよぎる人も多いのでは。日常生活に支障をきたす不快な痛み。その原因と対処法について、菅谷院長に伺いました。

▶40代半ばのある日、突然肩に激痛が走り、腕が上がらなくなって「四十肩」と診断されました。当時は趣味のバスケットボールはおろか、デスクワークすら辛くて本当に困ったなぁ…。今年いよいよ50代に突入するのですが、「五十肩」が心配です。

▶中高年の方が訴える肩の痛みで、最も多いのが「四十肩・五十肩」です。医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、初期には炎症による痛みを伴い、関節の可動域が制限されるのが特徴です。再発する確率はかなり低いため、すでに「四十肩」を経験している小田原さんは安心していいと思いますよ。

▶よかった! それを聞いてホッとしました(笑)。でも、どうして年をとると肩が痛くなるんでしょうか。40〜50代と言えば働き盛り。肩が痛くても、仕事を休めないという人もたくさんいるんじゃないかと。

▶そうですよね。特別な治療をしなくても数週間から最長2年ほどで自然に寛解する疾患ですし、ガマンしてやり過ごしてしまう人も多いと思います。
「四十肩・五十肩」が起こるメカニズムは、まだ完全には解明されていませんが、肩に限らず加齢と共に関節の悩みは増える傾向にあります。その一因として、身体の関節の表面を包んでいる「関節包」の劣化が挙げられます。「関節包」には摩擦や衝撃を抑えるクッションのような役割があり、身体をスムーズに動かすための潤滑油として働いています。加齢により、内部の組織がすり減ったり濁ったりすると、関節に負荷がかかってしまうんですよ。

▶なるほどねぇ。人の身体も“経年劣化する”ってわけですね。なにか、予防法はないんですか?

▶個人差はありますが、若い頃から正しい姿勢を保つための筋力や柔軟性をキープすることが大切です。筋力や柔軟性が不足すると身体が歪み、肩はもちろん、膝や腰など全身に負荷がかかりますから。特に猫背は要注意。デスクワークの方なら、30分に一度肩を回したり伸びをするだけでもOKです。筋肉が伸びて、肩こり防止にもなります。ただし、過度なトレーニングやストレッチは禁物。筋肉を痛めるなど、逆効果になってしまいます。

▶そうですね。私もゆっくり始めようと思います。

▶他の病気が潜んでいる可能性もありますので、痛みを感じたらまずは専門家へ。当院では、筋肉や関節に直接アプローチする超音波やパワーレーザー治療などを行っています。
また、振り子のように前後に腕を揺らし、徐々に肩の可動域を広げていく「関節運動(アイロン運動)」もおすすめです。ご自宅で簡単にできるエクササイズとして指導しています。


スタンドデスクを愛用し、正しい姿勢を意識しているという小田原さん

▶次週のテーマは「子どもの腰痛」


Website:https://www.painawayclinic.com/

この記事をSNSでシェア!

PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top