【年末年始旅行特集】Vol.3
「バックの中身、見せて下さい」2泊3日の小旅行

旅行先や旅行スタイルによって、持って行く荷物はさまざま。前回の座談会に引き続き、旅行スタイルの違う4人のカバンの中身を見せてもらうと……それぞれのこだわりアイテムが続々と出てきました!

バッグの中身見せてください!

 

何が起こるかわからない緊急事態を先回り!

絵本におもちゃに非常食… 娘が主役です

nimotu

 Items
A 美容アイテム B 水中用デジカメ C 娘さん用の非常食 D おもちゃ E 雨具 F サンダル  G バケツ  H 紙皿とフォーク I 衣類・スイムウェア J 救急アイテム K 絵本 

 

パッキング上手なミズハさんがまず考えるのは、娘さんのこと。バケツや絵本など、娘さんのアイテムがスーツケースの中から次々と登場。「バケツは遊ぶ用のほかに、調整が難しいシャワーに遭遇した時も大活躍するんですよ。それに旅行先では辛かったり、クセがあったりする料理も多いので、非常食はマストです」

mizuha pick_midasipick_image現地で気になるのは子どもが食べられる料理があるかどうか。そのため毎回非常食を持参。おかゆ、ふりかけ、かつおぶしなど。ラップでおにぎりを作ることも

 

 

カジュアル × フォーマル重視!

ONとOFFが効いた大人のメリハリ装備

nimotu_ao

 Items
A リラックス着 B 保冷バッグ C トレーニング用シューズ・サンダル D ガジェット類  E フォーマル着  F スイムウェア・帽子 G 万能ストール H ビーチバッグ・収納ポーチ I ゴーグル・サングラス  J 全世界対応マルチ変換プラグ 

 

リゾートホテルに滞在することがほとんどと言う臼井さんは、リラックスできるカジュアルウェアと格式高い場所へ行く際のフォーマルウェア、そしてフォーマル感をプラスするストールを常備。大人のスマートさが垣間見えます。もちろん大好きなお酒のための保冷バッグと、奥さん・娘さんの荷物を入れるスペースは常にキープ

usui ao_midasiao_pick_image
ビニールの保冷バッグに氷をたっぷり入れればワインクーラーの完成。臼井さんにとっての必須アイテムであり、プールサイドや部屋でゆっくりとお酒を楽しんでいる

 

 

何もしない+普段できないことを旅先で

美容アイテムとKindleが欠かせませんpink_nimotu

 Items
A 衣類・スイムウェア B 美容アイテム C 水中用シューズ・サンダル D 化粧ポーチ  E 非常食 F 日焼け対策グッズ G サングラス H 折り畳み傘  I ガジェット類 J 救急・防寒グッズ K フリスビー・ゴーグル

 

「リゾートに行ったら本を読んでゆっくり過ごすことが多い」と言うアヤカさんは、Kindleを2台持参。読書用(モノクロ)と雑誌(カラー)などのビジュアル用で使い分けているのだとか。また旅行先でも欠かせないのが美容グッズ。顔や目もとの保湿ケアのためのパックやアイマスクなど、さまざま携帯する女子力の高さが光ります

ayaka pink_midasimegane飛行機の移動時間やホテルでのお昼寝などちょっとした時に使うだけで目もとがしっとり潤うのが魅力。「何度も使うなら充電式のアイマスクの方が使い切りよりもお得♪」

 

 

ガジェット重視のビーチ仕様。なぜかソーラーキットも

軽装なハイテク×ミニマムスタイル

midori_nimotu

 Items
A 防水バッグ B 長袖シャツ類 C サンダル D 太陽光ソーラーキット E シャツ、下着類 F 歯ブラシグッズなど G サングラス H ガジェット類  I パスポート類  J スイムウェア類   

 

ガジェット好きを公言する武田さんのセレクトは「煩わしさはハイテクで済ませる」をテーマに、読書はiPad miniのKindle(50冊以上)、仕事のメールはiPad mini+純正キーボードで対応。2泊3日程度ならPCは持参しない。「何でも小分けにして整理しています」とのことで、必須アイテムは衣服をかなり小さく収納できる「圧縮袋」とのこと

takeda midori_midasimidori_itemアウトドアで使えるポータブル・ソーラーパネル。一時アメリカ軍も使用し、信頼性は抜群。非常時に備えて持っていくも、昨今のパワーバンクの良さに出番は少なめ

 

 

 

Celes Beachfront Resort Koh Samui
セレス・ビーチフロント・リゾート・コ・サムイ

“サムイ”で最も至便なビーチ2016年オープンの新リゾート
全島がココナッツの木で覆われる別名「ココナッツ・アイランド」と呼ばれる“サムイ島”。目の前に広がる長さ270mのビーチでゆったりと過ごし、周辺のショッピングセンターやレストラン街を楽しめる、不便さを感じない“多世代向けリゾート”地としても有名です。
そんな、同島滞在を彩る新たな施設として、「Celes Beachfront Resort Koh Samui」が2016年12月にオープン。全室40㎡以上の50室と18ヴィラ(85〜154㎡)が揃い、さらに“おもてなし”の心を備えたスタッフが出迎えてくれます。また、至近に系列ホテル「Samui Palm Beach Resort」もあり、500人以上が入る会場を併設。ビジネスセミナーや結婚式場として活用できます。全ヴィラにプライベートプール付きで、バンコクの都会的な喧騒を忘れ、緑豊かな楽園の空気感を味わいながら、あなただけの時間を過ごしてみてください。

  • ヴィレッジのような作りでヴィラが建ち並ぶ

    ヴィレッジのような作りでヴィラが建ち並ぶ

  • 清潔感とゆとりある部屋は、すべての宿泊者をリラックスさせる

    清潔感とゆとりある部屋は、すべての宿泊者をリラックスさせる

  • プールの前に広がるエメラルドグリーン

    プールの前に広がるエメラルドグリーン

  • 施設周辺は、南国情緒漂うエキゾチックな街

    施設周辺は、南国情緒漂うエキゾチックな街

 


 

Marrakesh Hua Hin Resort & Spa
マラケシュ・ホアヒン・リゾート&スパ

モロッコの雰囲気が漂う贅沢なリゾートステイ
世界中の観光客を魅了し続ける都市、モロッコ。ホアヒンビーチにある、このリゾートは「ネオモロッコスタイルリゾート」を謳い、同国の伝統的な建築様式を再現。館内にはロマンチックなモロッコの雰囲気が漂います。ホアヒンでもっとも美しいとされるビーチからは朝日を眺めることができ、都会の喧騒を忘れてリラックスした時間を過ごすには最適。館内にはジムやスパ、バーなどが揃い、多様な楽しみ方ができるリゾートです。
レストランでは、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているモロッコ料理を提供し、プールサイド、または部屋からもオーダーが可能。深夜2時まで営業するビーチ沿いのバーでは、多種のシグネチャーカクテルを楽しめます。
「Noora Spa」では、インド秘伝のゴールドトリートメントを受けられ、ジャグジー、スチームルームも併設。ホアヒンでのラグジュアリーな時間を満喫できます。

  • 同リゾートでは全76室。すべてジャグジーまたはプライベートプール付き

    同リゾートでは全76室。すべてジャグジーまたはプライベートプール付き

  • 撮影のためだけにわざわざ訪れる人もいるというロビー

    撮影のためだけにわざわざ訪れる人もいるというロビー

  • 7部屋のVIPルームを用意する「Noora Spa」では、プロモーションを実施中

    7部屋のVIPルームを用意する「Noora Spa」では、プロモーションを実施中

  • 幻想的で、ラグジュアリーなプールは24時間利用可

    幻想的で、ラグジュアリーなプールは24時間利用可

 


 

Putahracsa Hua Hin
プタラクサー・ホアヒン

シーサイドに建つ楽園特別な時間をここで
バンコクから南西部約200km。プラチュワップキーリーカン県ホアヒン市中部にある5つ星高級ブティックホテル「Putahracsa Hua Hin」。豊かな緑に囲まれており、眼前には静かで美しいビーチ。都会の喧騒から離れ、穏やかでリラックスした時間を過ごせます。
敷地内はリゾートサイドとオーシャンサイドの2ゾーンに分けられ、全67室(戸)と3つのプールを用意。リゾートサイドには52室があり、「Silksand Room」「Silksand Deluxe Room」「Sansky Room」の3タイプ。オーシャンサイドには15戸のヴィラがあり、プライベートプール付きの「Pool Villa」、プライベートジャグジー付きの「Jacuzzi Villa」、ビーチの眺めも楽しめる唯一の「La Canna Beachfront Pool Villa」のタイプがあります。
ディナーはビーチの上に建つ野外レストラン「Oceanside Beach Club and Restaurant」でぜひ。波の音をBGMに、楽園での格別なひとときを体験できることでしょう。

  • 清潔感のあるファニチャーでまとめられた内装

    清潔感のあるファニチャーでまとめられた内装

  • 緑と海に囲まれたプールでリラックス

    緑と海に囲まれたプールでリラックス

  • オーシャンゾーンのプールでのんびりと過ごす贅沢な時間

    オーシャンゾーンのプールでのんびりと過ごす贅沢な時間

  • プライベートプール付きの「Pool Villa」

    プライベートプール付きの「Pool Villa」


 

The Sarojin Thailand
ザ・サロジン・タイランド

ロマンティックな時間を過ごせるハネムーンに最適な高級リゾート
数々の世界的な賞を受賞しているラグジュアリーなリゾート「The Sarojin」。プーケット空港から約1時間に位置し、アンダマン海に面した静かなホワイトサンドビーチがすぐそばにあるほか、世界中のダイバーが憧れるダイビングポイントとして知られているシミラン諸島とスリン諸島へのアクセスも便利です。客室は全56部屋。部屋のタイプは、熱帯の雰囲気を味わえる庭沿いの「Garden Residence」(95㎡)、3.5m×5.5mのプライベートプールを備える「Pool Residence」(120㎡)、眺めの良いテラスに直径2mのリラクゼーション・プールを備えた「Sarojin Spa Suite」(150㎡)、215㎡のスペースを有し、ベッドルームごとの個別の入口があり、プライバシーが確保できる「2 Bedroom Pool Residence」の4種類。広さと充実した設備が特徴です。白い砂浜と美しい海を望みながらアジア料理やカクテルが味わえるレストランと、バンヤンの木の下で食事を楽しめる地中海レストランがあり、気分によって使い分けてください。

  • 天蓋が並ぶプールサイド

    天蓋が並ぶプールサイド

  • バスタブを備えた部屋も

    バスタブを備えた部屋も

  • 真っ白なビーチが広がります

    真っ白なビーチが広がります

  • ホテル近くの海でダイビング

    ホテル近くの海でダイビング


 

Shasa Resort & Residences Koh Samui
シャサ・リゾート&レジデンス・コ・サムイ

美しいサムイの海を一望贅沢な非日常を堪能
タイ南部のスラーターニー県にあり、タイ随一のリゾートアイランドとして知られるサムイ島。島の南部、レームセットビーチに位置するのが「Shasa Resort & Residences Koh Samui」です。このリゾートのコンセプトは“贅沢な非日常空間”。ビーチへと続く緑あふれる丘の中腹に立ち、ロケーションは抜群。プライベート感と豪華さを兼ね備えた雰囲気に魅了され、世界中から多くの旅行者が訪れています。
32室あるスイートルームは、すべてオーシャンビュー。見渡す限りの青い海をあなただけのものにできます。客室内はリビングが広く、ゆったりと開放的な雰囲気。キッチン設備も一通り揃っているので、ロングステイにも適しています。
ホテルでもっとも豪華な客室は、320㎡の広さを誇る「Beach Pool Villa」。プライベートプールが完備された最高級の空間は、子ども連れの家族やハネムーンカップルにおすすめです。

  • 開放的な客室からは青い海を見渡せる

    開放的な客室からは青い海を見渡せる

  • レインシャワーを備えたバスルーム

    レインシャワーを備えたバスルーム

  • リラックスタイムに最適なハイドロセラピー・プール

    リラックスタイムに最適なハイドロセラピー・プール

  • プールに直結した開放的なフィットネスジム

    プールに直結した開放的なフィットネスジム


 

The Tongsai Bay Ko Samui Thailand
ザ・トンサイベイ コ・サムイ・タイランド

サムイのとっておき約束の極上気分
人気リゾート地、サムイ島のトロピカルガーデンに囲まれたリゾートホテル「The Tongsai Bay」。今年で創業29年目を迎え、タイ随一の美しい景観に包まれたリゾートとして人気です。83の客室すべてがオーシャンビュー、テラスにはバスタブを用意。部屋はシャレー、コテージ、ヴィラの3タイプ。さまざまな室内デザイン、場所(角度)によって違う景色が楽しめます。
なかでも、「Beachfront Suite」は、プールとビーチに面した3階層スイス・シャレー風の佇まいで、家族で宿泊するのに最適。「Cottage Suite」は、他の客室から離れたプライベート空間で、ココナッツツリーやトロピカルガーデンに囲まれた南国を感じる部屋です。また、「Pool Cottage」(全5室88〜98㎡)のテラスには、約20㎡のプライベートプールを設置。本格タイ料理レストラン、スパ・マッサージなど、ホテルに一歩足を踏み入れれば、極上の時間を約束してくれるでしょう。

  • リビングからテラスを抜け、プライベートプールへ

    リビングからテラスを抜け、プライベートプールへ

  • プライベートプールから素晴らしい海の眺めをどうぞ

    プライベートプールから素晴らしい海の眺めをどうぞ

  • シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも

    シュノーケリング、カヤック、ウィンドサーフィンなどの無料レンタルも

  • ヴィラ内でのプライベートディナー

    ヴィラ内でのプライベートディナー

 


拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

WiSE_492_13smal

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

 

WiSE_492_16small

拡大して見る場合は、「新しいタブ」で開いて下さい

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  3. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  4. 僕のセオリーは「腹が減っては営業ができぬ」。忙しいときのスピードご飯の中でも、最近のお気に入りはずばり「カレー将軍」。卵をグチャグチャに混ぜて頬張るときの幸福感たるやもう…。
  5. 店の名を冠した人気No.1メニューです。旨さの秘訣は濃厚な野菜ペーストをベースに、10日ほどかけて仕込む「秘伝のルゥ」にあるのですが企業秘密なのでこれ以上はお話できません、ごめんなさい。さまざまなトッピングもご用意していますので、まずは一度、ご自身の舌で味を確かめてください。リピーターも大歓迎です!
  6.  景気低迷なんのその。今年のタイは、東部 経済回廊(EEC)のさらなる発展が経済を下 支えするという。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top