出張者完全ガイド ヤンゴン編

header

head_image

 タクシー運転手によると、空港から市内までは空いていれば25分、混んでいれば2時間。特に雨が降ると、ヤンゴンの道路は地獄と化すらしい。バンコクと違い、日本のような長雨も特徴。朝から晩まで傘をささなければならないことも多く、かつての宗主国イギリス・ロンドンの街並みが頭をよぎった。ちなみに渋滞については、バンコクよりもひどい印象。南部のダウンタウンに入ると、5分以上は平気で停まる経験もしたし、渋滞が原因で昨今の日系企業が中部〜北部に拠点を移しているというから、その深刻さは推して知るべし。

とはいえ、日系企業が入居するオフィスビルはほぼ決まっていて、ピンポイントで移動できるメリットもある。工業団地への移動などがなければ、わざわざドライバー付きレンタカーを借りずに、近いホテルに宿泊、またはタクシー移動も一つの手だろう。時間が限られる出張では、効率性が何よりも重要だからだ。

ただ、ホテルの宿泊料金は若干高め。「この価格でこのクオリティ?」ということもよく聞くので、今回の「WiSE BUSINESS 2016」で紹介しているホテルを選んでもらえれば問題はない。  接待に使いやすいレストランも思った以上(失礼!)に充実していた。日本食からイタリアン、ときに高級なミャンマー料理もあり、2泊3日程度なら困ることはまったくない。

ミャンマー進出の際に、停電と家賃の高さがネックとされるが、日本の大手企業が提供するレンタルオフィスやオフィスビルでは、独自のジェネレーターを備え、停電時に備えている。また、インターネットの回線も速く、安定したサービス提供を行うことが可能。このあたりは日系企業独特の“かゆいところに手が届く”細やかな配慮がうれしい。

最近では、製造業に関わる日系企業の進出が目覚ましく、背景には工業団地へのアクセスのよさもあるだろう。市内から車で30分程度のところに有名な「ティラワ工業団地」があり、同地に通う駐在員が増加傾向。これはバンコク以上のメリットといえよう。ちなみにゴルフ場も市内から至近。創立100年の名門コース「ヤンゴンゴルフクラブ」がすぐというのは、ゴルフ好きにはたまらない(しかも安い)。

また、至るところで英語が通じるのは、出張中に限らず安心できるポイントの一つ。そこのスムーズさは、タイで“使えないこと”に慣れている分、想像以上に快適であり、当然ビジネスシーンでも同じことがいえるだろう。  まずは一度、その目でこの国の可能性を探ってみてほしい。思った以上に発見が多いのは間違いない。

photos

 

ビジネスから生活まで現地のあるある情報

英語事情、文化風習


ミャンマーはかつてイギリスの植民地だったことから、英語が公用語として使われてきた。また、幼少から教育され、大学の授業はほとんど英語で行われている。国民の大半が流暢というレベルではないが、街中やレストランでも普通に英語が使えるのはありがたい。また、ミャンマーに着いて驚くのは、男性がスカート(ロンジー)をはき、女性や子どもたちがおしろい(タナカ)のようなものを顔に塗っていること。ロンジーは、ミャンマーの民族衣装であり正装。ハワイのアロハシャツのようなもので、公共機関の職員はロンジーをはいている。また、タナカは樹木から作られ、顔に塗ることで清潔さ(毎日塗っているというアピール)を表す。

人件費の高騰


ミャンマーにも人件費高騰の波が及んでいる。物価も上昇し、街中でコーヒーを飲めば、もはや価格はバンコクとそう変わらない。ミャンマーの名目GDPは1人1,200ドルだが、ヤンゴン中心部は3,000ドルとも言われ、購買力については、ベトナムの都市部とも変わらないとされている。一般のワーカーの賃金はまだまだ低いが、大卒のマネージャークラスの人件費は高騰化傾向で、もはや完全に売り手市場。転職事情も同様で、予想以上の人件費がかかることも多々聞く。優秀な人材を確保しにくくなっており、バンコクと同じような状況を迎えている。

 

ミャンマー基本情報

正式国名:ミャンマー連邦共和国
首都:ネピドー
公用語:ミャンマー語
国土面積:68万平方キロメートル
民族:ビルマ族(約70%)
人口:5148万人(2015年5月、出所:ミャンマー入国管理)
在留日本人:1367人(2014年12月現在)
国教:仏教(90%)、キリスト教、イスラム教等
通貨:チャット(一部でドルも使用可)
為替:1米ドル=1,179チャット(2016年8月末現在)
GDP:628億ドル(2014年)
1人当たりのGDP:1,221ドル(2014年)
タイとの時間差:ー30分
国際電話番号:+95

pnon_wisebk


関連記事

  1. WiSE Family Bangkok 2019【1】

  2. ニッポン、陥落

  3. 王宮での弔意記帳へ

  4. 鉄道“ドタバタ劇”

  5. タイで国民年金制度が開始!

  6. “IT”でASEANトップ3

  7. 発電所など“強行”建設

  8. dtac

  9. 【年末年始旅行特集】Vol.2
    「一度は行ってみたい」タイの離島

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP