東部経済回廊開発が発動

タイは、中進国の罠を脱却できるか? 威信をかけたビッグプロジェクト

 

タイ政府は28日の閣議で、国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)が提案する「東部経済回廊開発」計画を承認した。今後3ヵ月間をかけて、交通インフラ整備計画を中心とする詳細設計に着手する。
同開発計画は、チョンブリー、ラヨーン、チャチューンサオの東部3県にまたがり、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった次世代自動車をはじめ、医療、航空、ロボットなどハイテク産業10業種の投資促進と陸海空インフラなどを一体的に開発するもの。
ご存知の通り、同地域は1981年から国家の総力を挙げて東部臨海地帯(イースタンシーボード)開発計画が進められ、自動車産業を中心に外国資本投資を誘致。多くの日系企業が進出している。今回は、その第2期計画に位置付けられ、首相府のコーブサック政務次官も「スーパーイースタンシーボードに格上げした」と鼻息荒く、用意した資金(予算)は、5ヵ年で約3000億バーツに及ぶ。第一弾として、ラヨーンとチョンブリーの間にあるウータパオ空港を拡張。すでに新ターミナル建設も着工され、2020年の完成を目指す。また、レムチャバン港とマプタプット港も拡張されるが、加えて、もともと海軍港だったサッタヒープ港を商業港として再開発させ、港湾機能そのものを拡大させる。さらに中国による協力で計画が進むバンコク〜ラヨーン間の高速鉄道やマプタプット港への鉄道複線化、道路ではすでにパタヤ〜マプタプット間が着工済のチョンブリーとラヨーンを結ぶ高速道路(モーターウエイ)建設もあり、インフラ計画は目白押し。
一方、同回廊開発では、投資誘致に向けて財務省やBOIといった関係機関による支援策や手厚い恩典の付与も検討される。法整備が必要のため、詳細はこれからだが、法人税の減免及び免除のほか、外国人による土地購入や永住権、各種基金と補助金などお馴染みの“人参”が用意される予定だ。
ちなみに、大メコン圏(GMS)経済協力開発加盟国間で結ぶ物流の大動脈を経済回廊と呼び、中国雲南省昆明からベトナムのハノイをつなぐ「東部経済回廊」と別物であることはお伝えしておく。

関連記事

  1. EECの投資熱が急騰

  2. GDP成長率、見通し引き下げ

  3. 中国の“巨大なうねり”

  4. タイと米中貿易戦争

  5. プラユット政権発足へ

  6. 国連がタイ禁煙「不十分」

  7. タイ・コーヒー業界に激震

  8. WiSEファミリーフェア2019

  9. タイ経済減速か!?

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. ポツンとカウンターの隅っこで飲みたい夜。そんなひとり晩餐会の〆は、必ず「土手煮」。濃厚な煮汁がジュワッと胃袋と心に染みて、堪りません。やっぱり、もう1杯飲もっかな♪

今月人気の記事

  1. バンコクのお土産特集
PAGE TOP