税制改正で自動車業界に追い風

2016年は生産台数200万台など、ゆるやかに回復。
2036年にはEV120万台を目指す

2016年1月1日から自動車取得税が改正される。それにともない、2日〜13日まで開催されているタイ国際モーターエキスポ「The 32nd Thailand International MOTOR EXPO 2015」では、各メーカーがゼロ金利ローンや無料の自動車保険などの販促プロモーションを大々的に展開し、駆け込み需要の取り込みを図っている。旧税との違いは、税率の上昇。日本と同様に排気量によっても変わるのだが、車種に応じても課税率が違うのが特徴。一般向けのセダンやSUVは5〜10%増と軒並み高く、業務用として使われることが多いピックアップトラックやSUT(スポーツユーティリティトラック)が比較的低く設定されている。物品税局のソムシャーイ・プーンサワット局長は、2016年の国内販売台数が約80万台、輸出台数が約120万台と予測し、生産台数が2013年ぶりに200万台に回復すると発表した。さらに税率改正により、税収が前年比50〜100億バーツ(以下B)増加し、自動車取得税の総額は1000億B(80〜100万台)に達すると試算している。税制改正の狙いは、税収もさることながら、環境に配慮したエコカーの普及も目的。タイ投資委員会(BOI)の新恩典にもあるように、タイは今後、製造業の競争力強化を目標に掲げ、付加価値の高い製品を世界に向けてアピールしていくことを目指している。そのため現在、エネルギー省、運輸省、科学技術省、工業省が連携し、推し進めているのが「電気自動車(EV)」。エネルギー省エネルギー政策企画事務局のタワーラット・スータブット局長は、“ガソリン”となる電気スタンドの設置・運営を民間企業にも許可する法律改正も示唆しつつ、「2036年までにEVを120万台に増やしていきたい」と話した。今回のタイ国際モーターエキスポでは、成約台数は前年比18%増、5万台が見込まれ、経済効果は550億Bにも上るとされている。長らく低迷が続いてきた自動車業界だが、ゆるやかに持ち直し、輸出も堅調が続くと見込まれている。タイの日系企業にとっても大きな意味を持つ自動車産業の復活を、願わずにはいられない。

関連記事

  1. タイのメーデー

  2. WiSE Family Bangkok 2019【3】

  3. 奨学金に四苦八苦

  4. 混乱のBTS

  5. ウーバー VS タクシー

  6. 無国籍民族ロヒンギャの悲劇

  7. 中国人客、1000万人突破か

  8. また一つタイの原風景が消える。ソイ38の屋台街が撤去

  9. タイのEC、超拡大

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP