10年間の入国禁止

厳しい罰則を盛り込んだ不法滞在の新規定を、3月20日から実施する

 

先進国の仲間入りの足がかりなのだろうか−−。タイにおける不法滞在者への新たな罰則を盛り込んだ規定が、3月20日より施行される。
昨年11月27日、政府は官報で不法滞在(オーバーステイ/以下OS)に関する新規定を発表。最大10年間の入国禁止を盛り込んだ内容で、自首した場合と逮捕された場合で罰則は異なる。自首は、OS90日以上=1年間入国禁止、同1年以上=3年間入国禁止、同3年以上=5年間入国禁止、同5年以上=10年間入国禁止。逮捕は、同1年以下=5年間入国禁止、同1年以上=10年間入国禁止。90日未満については、自首の場合は罰金のみ、逮捕の場合は1日のOSでも5年間の入国禁止となる。従来のOSの罰則は、1日500バーツの罰金、上限2万バーツだった。100日超えようが、2万バーツさえ支払えば許されていた実情。そして、違反者は一度、別の国に行き、再びタイに舞い戻るというのがお決まりのパターンだった。不法滞在者が減るはずがない。
新規定の導入背景には、いくつかの理由がある。言わずもがな、タイは年間約3000万人(2015年)の外国人観光客を受け入れ、1兆4500億バーツを売り上げる、世界に名だたる観光立国。国家を支える収入源のため、あらゆる国から観光客を呼び込み、そして優遇してきた。結果、不法滞在者が増え、犯罪件数も増加。極めつけが、昨年8月に起きたバンコク連続爆弾テロ事件だった。当時の観光業界の冷え込みぶりは、誰もが知るところだろう。
また、ミャンマー、カンボジア、ラオスといった近隣国からの不法労働者も大きな課題。世界の評価基準の「人身売買問題」で、現在も最低ランクに位置づけられているタイ。劣悪過ぎる環境として衝撃を与えた漁業での違法労働は、世界でも広く報道された。それらのネガティブイメージを払拭し、犯罪を抑制すべく、政府も重い腰を上げたというわけだ。
昨年からビザランの取り締まりが強化されたのは、記憶に新しい。アメリカしかり、イギリスしかり、先進国とは軒並み不法滞在者に厳しいもの。観光立国であれば、避けることができないのも当然。これもまたタイが歩むべきステップの一つなのだろう。

関連記事

  1. “ロボット大国”タイへ

  2. インラック前首相、公民権剥奪

  3. 消えた元首相

  4. 上向きつつあるタイ経済〜NCPO発足以降の行政

  5. 中国の低迷、タイに飛び火

  6. 消費者直撃!? タイの税制改正

  7. 79歳邦人男性の悲しい結末

  8. 軍政に「YES」

  9. 加速する日タイ協力関係。暫定首相の対日外交は及第点か?

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP