dtac

タイ国民全員がインターネットを使える環境へ
CEO ジョン・エディー・アブドゥラー

《プロフィール》
米国モンタナ州立大学卒業(電気技術専攻)。2007年Maxis Telecommunication(マレーシア)CEO、08年Telenor(テレノール、ノルウェーの国営通信事業社)パキスタン現法CEO、 11年トータル・アクセス・コミュニケーション(英語:Total Access Communication Public Company Limited, 略称dtac)CEO


 

近い将来、新たな通信インフラを開発・構築し、
他のキャリアにレンタルします

—現在の加入者数と状況を教えてください
現在の加入者数は、2014年3月末時点で2822万人と、昨年(2013年第四四半期)の2790万人に比べ約30万人増えています。今後も、プロモーションの活用やサービス向上を続けることで、ゆるやかに増えていくと予想しています。タイでは、急速に携帯所有者が増え、多くの方がデータ通信を利用するスマートフォン(スマホ)ユーザーです。スマホの普及で、より高速な通信速度を求めるニーズが高まり、各キャリア(移動通信業者)間の競争も激化しています。

—第4世代移動通信システム(4G)がスタートしましたね
まず、現在、主流の通信速度3Gの加入者数は1590万人(14年第一四半期)ですが、ご存知の通りタイでも次世代通信規格4G(厳密には3.9G規格)が解禁され、弊社でもサービスを開始しました。初日だけで約2万人が申込み、1ヵ月弱で13万人まで増えました。今年の目標として加入者100万人を掲げましたが、順調に伸びている状況です。
4G対象エリアもインターネット利用頻度の高い、バンコク中心から随時拡大しています。主に、サイアム、チットロム、トンロー、エカマイなどのスクンビット通り沿い、ラマ4通り、サトーン、シーロム。またBTS(スカイトレイン)、MRT(地下鉄)構内をはじめ、ターミナル21、セントラルワールド、サイアム・パラゴン、セントラルラマ9といった人が集まる施設など約300ヵ所で通信設備を展開しています。

—dtacの強みは?
前述した3G規格において、850MHz、1800MHz、2100MHzの3つの周波数帯を効率的に活用する独自のネットワークシステム「TriNet(トライネット)」を構築したことで、他社に比べ、バンド幅が広くたくさんの人々が利用できる点でしょう。弊社では、より多くの国民がインターネットにアクセスできるサービス提供を目指し「Internet for All」を掲げています。

また、トライネットでは、サービスを開始した4Gと3Gを利用場所により自動的に変更されるため、そのつど、設定を変える必要はありません。一方で、規格以外にも「Loved by customers」という戦略名で、ユーザーに愛されるためのさまざまなプランやサービスを拡充しています。そのほか、案内、販売、アフターサービスなどを「ワン・ストップ・サービス」として一ヵ所のdtacショップで賄えるよう、約8億バーツをかけて設備投資を続けています。

—外国人ユーザーへのサービスもあると聞きました
弊社では、訪タイ旅行者向けサービス「ツーリストSIM」を3プラン設けて、展開しています。価格は時期によって変動しますが、①「ハッピーツーリストSIM 299B(7日間)」通話料金100B、インターネット1.5GB②「ハッピーツーリストSIM 599B(15日間)」通話料金100B、インターネット4GB ③「ハッピーツーリストSIM 49B(長期滞在用)」通話料金15B、その後、150Bチャージ毎にインターネット100MB利用できます。

—今後の事業戦略について
dtacでは、タイ人のライフスタイルを向上させ、2015年までに国民全員が携帯(スマホ)やタブレット端末を保有し、インターネットにアクセスできる環境を目指し、「Connecting Everyone by 2015-Internet for all」を掲げました。この理念をもとに、3つの事業戦略を打ち立てています。

1つ目が、前述した「Internet for All」です。3年後、2100MHz帯による4Gサービスをタイ人がタイのどこでも利用できる環境を構築します。
2つ目も説明した「Loved by customers」です。今日より明日を念頭に、顧客満足度を向上させ、ブランド・ロイヤリティを高めていきます。
そして、最後が「Efficient Operations」。これは、デジタル時代に見合った、株主やユーザーの要望に応じられる経営改革の実践です。近い将来、他のキャリアでも利用できるインフラを開発・構築させます。実現すれば、各キャリアに対して通信設備などをレンタルすることで、業界全体の設備投資や管理運営といったコストを抑えられるほか、環境負荷低減にもつながるはずです。
今後、タイでビジネスを展開する上で、環境問題への意識向上は欠かすことはできません。

dtac「トータル・アクセス・コミュニケーション(Total Access Communication Public Company Limited)」
タイの移動通信事業会社として1989年8月設立。タイ語の“良い”という意味のディー(Dee)を略称につけている。創業者は、タイの有力財閥ベンジャロンクン家。2001年にノルウェーの通信企業telenor(テレノール)が出資比率を引き上げたことで、現在はテレノールが経営する。国内2位の携帯電話キャリア。同社のプリペイド型のSIMカードは「Happy」のブランドで販売されている。2014年3月末現在の加入者は2822万6000件。


 

次世代通信規格(4G)開始で、
ひとり気を吐くdtacの本気度

世界中で注目される第4世代(4G)と呼ばれる携帯電話の次世代高速通信の国際規格。タイでも、国家放送通信委員会が4Gで使われる周波数を割り当てる入札の実施時期について、二転三転しながらも年内実施を決めた。当然、携帯電話キャリアとすれば、喉から手が出るほどほしい免許で、すでに大手各社は参加表明の名乗りを上げている。
そんな、新たな舞台(4G市場)での競争を前に、国内2位のトータル・アクセス・コミュニケーション(dtac)が、次々にビジネス戦略を打ち出している。

タイ地元紙によれば、dtacは、自社ブランドの携帯電話端末「トライネットフォーン」を今年末まで累計150万台の販売を目指すと発表。生産を中国企業に委託し、基本料金やデータ通信プランとセット販売する。販売価格は990〜5990バーツ。同社は、昨年から自社ブランド端末を発売しており、これまで100万台を販売してきたという。

また、同社は5月9日からバンコクで4Gサービスを開始。初年度100万人の加入者獲得を狙う。同サービスは、周波数2.1ギガヘルツを用いたLTEサービス。厳密には、4Gではなく3Gから4Gへ移行する一歩手前の3.9G規格。国際会議で「LTEも4G呼称でOK」となったことで表記が許されたにすぎないが、本格的な4G時代の到来を前に、存在感を示す意味でも大きい。普及促進のため、料金は月額399〜1299バーツで、通話料が150〜950分無料になる特典を付けた。

現在、タイ国内の携帯電話番号は6月10日時点で、9370万件に達し、総人口(約6500万人)を大幅に上回る。そのうち、dtacの加入者は計2822万6000件(3月末時点)。最大手のAIS(4236万3000件)に水を開けられているのが現状だ。4G呼称のLTEサービスは、AISは実証実験段階だが、国内3位のトゥルー・ムーブはすでにサービスを開始している。下からの突き上げを回避しつつ、業界トップを虎視眈々と狙うdtacの挑戦は続く。

関連記事

  1. バンコクの主要道路が冠水。対策は洪水よりもゴミ問題

  2. イチタングループ社長兼

  3. プミポン国王、崩御

  4. 中国で消費されるタイ観光

  5. NECタイランド

  6. ヤマト運輸(タイランド)

  7. 在タイ日本国大使館

  8. SG SAGAWA(THAILAND)

  9. タイ証券取引所(SET)

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP