“IT”でASEANトップ3

ついに、4Gサービスも開始。タイ政府の本腰入れたデジタル化がスタート

 

「5年後、タイのデジタル力はASEANトップ3に入るだろう」。
情報技術・通信省(ICT省)のウッタマ大臣は、タイ地元紙のインタビューに語気を強めて答えた。遡ること2年。軍政の現プラユット暫定政権が発足すると、同首相は、「タイのデジタル化を目指し、デジタル経済委員会を設立する」と高らかに宣言した。だが、外資企業のタイへの投資を促す政策を優先し、発足は幾度となく浮上しては消えていた。
あれから2年。ひとしきり、外資への優遇策も終え、いよいよ本腰入れたタイのデジタル化が始まる。日本で例えるならば、国家を挙げてデジタル化を進めた「e―Japan」といったところか。
冒頭のウッタマ大臣は「すでに同委員会やその他の関連法案は整いつつあり、1〜2ヵ月後には国民立法議会(NLA)に提出される」と話し、法案のなかには、今後、約20年(4期)にわたって進めるデジタル経済構想(仮称)を含み、第1期(1年半)では、ITインフラ整備に注力するという。
先ずは、タイ全土での高速インターネット網の普及を目指し、タイ電話公社(TOT)及びタイ通信公社(CAT)の協力のもと、 2017年までに地方の3万村落で高速ネットを利用できるよう進める。また、デジタル経済と標榜するだけに、ICT系のスタートアップ支援策として、「Digital Thailand Infrastructure Fund」なる基金を創設。集めた資金を活用し、eコマース経営者支援や農産品確認システム「Smart Farming」を開発するほか、デジタル専門家5000人を育成する。また、「Personal Health Record(PHR)」システムを構築することで、タイ全土の病院が受診者(個人)の健康記録を閲覧でき、医療格差の是正を図る。さらに、国境付近にある20校を対象に、高速ネットを活用して、都会の学校と同等の授業が受講できる環境を整えるほか、政府関連機関の資料や情報をデジタル化させ、各機関でシェアするといった、さまざまな計画が盛り沢山だ。ただ、現在タイはASEANの中で、サイバー犯罪率が、インドネシアに次いで多く、無秩序にICT化を図ることで、犯罪率を上げてしまわないか危惧されるが……。

関連記事

  1. 濃度高まるPM2.5

  2. 奨学金に四苦八苦

  3. 風評被害のカベ

  4. 出張者完全ガイド プノンペン編

  5. 熊本地震、その時タイは

  6. PANTIP

  7. 鉄道“ドタバタ劇”

  8. 脱・コピー天国

  9. バンコクの主要道路が冠水。対策は洪水よりもゴミ問題

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP