キングス・カレッジ・インターナショナル・スクール・バンコク(キングスバンコク)は、東南アジア初のキングス・カレッジ・スクール・ウィンブルドンの姉妹校です。
イギリス校(キングス・カレッジ・スクール・ウィンブルドン)との緊密なコラボレーションで、アジア最高水準の学校となることを目指しています。

 

A Great Heart inspired by ‘Great Classes’
動画の再生時間:4分37秒

 

価値観

「美しい心があなたをさらに前へ進ませる」という理念を信じて、同校は「マナー、優しさ、知恵」の価値観を大切にしており、学生がアカデミックカリキュラムを超えて視野を広げていくことをサポートします。

これはドラマ、音楽、スポーツなどのアートな領域でも成功に向けて実現されていき、生徒たちには多くの才能を開花させるとともに、礼儀正しさや人間性も養ってほしいと考えているからです。

 

 
 

キングスバンコクが他校と異なる点は?

サンデー・タイムズ紙(2017 & 2018)の評価によると、キングスウィンブルドンは「ロンドンの男子校と男女共学の学校の成績ランキング」で一位を獲得し、約200年にわたる歴史の中で卓越した教育方針を構築してきました。

同校は、そのキングスウィンブルドンと緊密に連携していき、社会に前向きな変化をもたらす、多才で自信を持った男女を育てていきたいと考えています。

 

キングスウィンブルドンチームと共同で開発した
厳格なアカデミックカリキュラム

キングスウィンブルドンのカリキュラムは確かな実績を持っており、多くの創造的で優秀な卒業生が幅広い分野で成功を収めています。

昨年、キングスウィンブルドンの学生98.7%が、GCSE(またはIGCSE)試験において A* / A (または 9 / 8 / 7)を達成し、GCE-Advanced-levelでは、99%の学生がA* / A / B を達成しました

※GCSE(またはIGCSE)試験:高校1年生(Year 11)と同等の資格。
※GCE-Advanced-level試験(Aレベル試験):高校3年生(Year 13)と同等の資格。

 

幅広い共同カリキュラムプログラム

様々なクラブ活動やアクティビティ、交流の場等、多彩で多種多様なプログラムを提供しており、昼食時のアクティビティや時間割内の必修活動だけでなく、保育園児等のために放課後のアクティビティも実施しています。

 

特別な精神的サポート

子どもたちが成功して幸せな大人になるために支える制度です。
子どもたちを担当するチューターやハウスシステムによって、子どもたちのコミュニケーション能力が育まれ、学校に来るのが楽しみになり、必要な時に相談し合えるネットワークを持つようになります。

 

施設

同校は保護者や一流の建築家と協力し、子ども向けに設計された42000㎡を超える最先端の施設を造りました。

 

教室
デジタル時代の学習に最適化された、学生向けのモダンで広々とした教室。
実習室
4つの最先端の科学実験室、17の音楽室、3つの芸術室。
図書館
学生が独立して学ぶ、またはグループで学ぶことができるオープンスペースを備えた2階建ての図書館。
講堂
音楽や演劇を創造するために設計された、625席・66㎡のLEDスクリーンを備えた講堂。
コンサートホール
子供たちが仲間や同校コミュニティのために演奏できるコンサートホール。
サッカー場
FIFA推奨プロバイダーの、サッカー芝を備えたフルサイズのサッカー場。
プール
オリンピックサイズの塩水スイミング・プール。自然光と日陰も計算され、学生にとって1年中最適な水温を確保するようにしています。
スポーツホール
エアコン付きのスポーツホール。中には3つのフルサイズのバスケットボールコート、屋内ジョギングトラック、7メートルのクライミングウォールを設置。学生たちは、どんな天候下でも活動やスポーツを楽しめます。
スポーツ施設
学生の成長にとって欠かせない2000㎡以上の屋内レクリエーションとスポーツ施設。
テニスコート
一年中使用できる2つの屋外テニスコートと2つの屋内多目的スポーツコート。
ラウンジ
Dean&DeLuca Caféとのコラボによるフルサービスのスタイリッシュなラウンジ。
食堂 700席の食堂。
遊び場
様々な年齢層が遊べる設備の整った遊び場。
幼児教育センター
学生が屋内でも屋外でも成長して、楽しんで、挑戦することができるように設計された幼児教育センター。64㎡の広々とした設備の整った教室、広い遊び場、自転車用トラック、調理室、スイミングプール、スプラッシュエリアを設けています。

 

ロケーションと交通

同校は、バンコク都のラチャダーピセーク通り〜ラマ3世通りのエリアにあります。

金融街(サトーンから5km)と市内中心部(スクンビットから7km)から簡単にアクセス可。キャンパス内には250台分の駐車スペースがあり、 スクールバスも特定の地域で運行しています。

 

学校の基本概要

  • キングスウィンブルドンは、世界で最も学術的に成功している学校の1つであり、生徒の25%がオックスフォードまたはケンブリッジに入学。90%が第一希望の大学を卒業しています。
  • 2020年と2021年には4,000人を超える応募者の中から70人の教師が選ばれ、キングスウィンブルドンがすべての教師の最終面接を行いました。
  • キングスウィンブルドンは、イギリス校と同等の教育の質を維持するため、同校での監査を実施します。
  • 同校は国際的な多様性を受け入れており、これまでに25の異なる国籍の生徒を受け入れてきました。
  • 保育園前から6年生(11歳)までの学生360人以上が、開校初年度に同校へ入学しました。 同校は、保育園前から13年生(18歳)までの学生1500人を受け入れる事ができます。
  • 現在同校は2021年度、男女2〜15歳(就学前から10年目)の申し込みを受け付けています。11〜13年目は次の学年度に開始。「IGCSE」と「GCE-Aレベル」のためのプログラムは高校で提供されます。

 

 

スクール情報

名前 King’s College International School Bangkok
キングス・カレッジ・インターナショナル・スクール・バンコク
ジャンル
エリア
Eメール
電話番号
【月〜金は8時〜17時まで受付。土曜日は9時〜15時30分まで受付】 02-481-9955
WEBサイト
Facebook
Instagram
Youtube https://www.youtube.com/channel/UCYz98YxUuoSyr6gIhUbT4eg
設立

バンコク校は2020年設立

イギリス本国のKing's College School, Wimbledonは1829年に設立

学生の数 360人(2020年時点)
学生の国籍 25国籍(80%はタイ人、20%はその他)
入学可能年齢

現在、保育園前から10年生(2〜15歳)までの男子・女子の入園を受け付けています。

11〜13年目(16〜18歳)は来年度からの受け付けです。

教育プログラム IGCSEとAレベルは上級生用となります。(英国のカリキュラム)
学期

3学期に分かれています(以下は2021年8月スタートの学期)

【1学期】2021年8月26日〜2021年12月17日

【2学期】2022年1月10日〜2022年4月8日

【3学期】2022年4月25日〜2022年7月1日

指導可能な科目 数学 / 生物学 / 化学 / 物理 / 地理 / 歴史 / デザイン&テクノロジー / アート / 体育 / 演劇・パフォーマンス / ビジネス研修 / 音楽 / 英語 / タイ語 / 中国語 / フランス語 / スペイン語
日本語の授業 なし
EAL / ESL(英語サポート) あり(無料で提供)
教師の数 70人(2021年の次年度人数)
教師の国籍比率 100%ネイティブスピーカー(タイ語と中国語の授業の教師を除く)
施設

【42,000㎡を超える最先端の学校施設】

デジタル学習用に最適化された教室 / 科学実験室 / 音楽室 / 芸術室 / 図書館 / 講堂 / コンサートホール / サッカー場 / プール / 屋内ジョギングトラック / クライミングウォール / バスケットボールコート / 日陰のレクリエーションおよびスポーツ施設 / 日陰の多目的スポーツコート / テニスコート / カフェラウンジ / 食堂 / 遊び場


【幼児教育センター】

広々とした教室(64㎡) / 広い遊び場 / 自転車用トラック / 調理室 / スイミングプール / スプラッシュエリア

昼食(食堂) 2階建てのダイニングルーム(700席)
学校への訪問、オープンイベントについて https://www.kingsbangkok.ac.th/en/admissions/visiting-and-open-events
授業料 520,000 B(保育前)〜 985,000 B(13年目/17、18歳)
225,000バーツ(返金不可/譲渡不可)
所在地

727 Ratchadaphisek Rd., Bang Phong Phang, Yannawa, Bangkok 10120


※掲載記事は取材時点の情報を元に作成しております。施設(またはお店・企業・物件等)の都合や現地事情により、実際の情報と記事内容が異なる場合がございます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る