大勝軒

受け継がれる心の味
海を渡りバンコクで味わう元祖つけ麺

ラーメンの神様が生んだ
「つけ麺」の名店がバンコクに進出

東京・池袋に本店を構える人気ラーメン店「大勝軒」は、創業者の山岸一雄氏が創り上げた“つけ麺発祥”の名店。日本全国で100店舗以上、さらにはタイ、香港、シンガポール、カナダと海外進出も果たしている。

そんな元祖つけ麺が味わえるのは、タイでもここトンロー店のみ。看板メニューの「濃厚魚介豚骨つけ麺」は、喉越しのよいコシのある太麺を濃厚なつけダレにつけていただく。ひと口すすれば、旨味が口いっぱいに広がり、食べる手が止まらない。

厳選した食材を使った
自慢の自家製スープ

大勝軒のつけ麺のレシピには絶対的な決まりはなく、「ラーメンを作る心がレシピ」と言われ、バンコクの大勝軒でもその心は受け継がれている。

ラーメンに使用しているスープは、オーナーの石垣さんが毎日一から店で手作り。2日2晩かけて作る店主こだわりの豚骨スープは、タイ産の豚骨をふんだんに使い、独自の製法で仕上げている。そして、素材の旨味が凝縮された魚介スープには、日本産の煮干しや昆布を使用し、あっさりとした味わいが特徴。

日本人だけでなく
タイ人にも愛される味

店舗はBTSトンロー駅から徒歩5分の場所にある。トンローは在タイ日本人が多く住む人気のエリアとして知られているが、実はバンコクのなかでも屈指のラーメン激戦区だ。

客層は日本人のみならずタイ人も多く、男性客はもちろん、家族連れや女性が1人で来ることもあるそう。日本人にはつけ麺、タイ人にはとんこつ味のラーメンが人気だという。

看板メニュー「濃厚魚介豚骨つけ麺(260B+税)」。魚介の風味香る濃厚スープが太麺とよく合う、贅沢な一杯。自家製の味玉、チャーシュー、メンマも美味

「大勝軒特製中華そば(240B+税)」。鶏、豚、昆布を使ったあっさり味のスープがしみる。素材の風味をいかしたシンプルで優しい味わいが魅力

刺激的な辛さがクセになるスパイシーなスープが絶品の「特製赤戦らーめん(290B+税)」。辛さは3段階(ピリ辛・辛口・激辛)から選べる

レギュラーメニューは100種類以上
月ごとの限定メニューも必見!

定番のつけ麺や中華そばといったラーメンメニューのほか、月ごとに変わる限定メニューやチャーハン、丼もの、カレー、おつまみ、ドリンクなど100種類以上のメニューが揃う。特におすすめしたいのが、生ビールと好きなおつまみ1つがセットになった「お疲れ様セット」(129B+税・249B+税)。ランチやディナーはもちろん、仕事終わりの一杯に利用しやすいのも嬉しい。

どの時間帯でも注文できる「お疲れ様セット」は生ビール+おつまみ1つ(餃子・揚げ餃子・鶏唐揚げ・スパイシー鶏唐揚げ)129B+税、生ビール+おつまみ1つ(サバの煮付け・鮭の煮付け)249B+税

メニュー

濃厚魚介豚骨つけ麺 260B
大勝軒特製中華そば 240B
特製赤戦らーめん 290B
特製豚骨らーめん 240B
餃子 90B
スパイシー鶏唐揚げ 110B
豚角煮丼 170B
※サービスチャージなし

店舗情報

店名 大勝軒
ジャンル
エリア
BTS【トンロー】
電話番号
02-010-1557
営業時間 10:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日 なし
駐車場 あり
クレジットカード 未対応
Facebook https://www.facebook.com/taishokenramen/
Twitter https://twitter.com/taishokenbkk
Instagram https://www.instagram.com/taishoken_ramen_thonglor/
所在地

Fifty Fifth Thonglor 2F,90 Soi Thonglor 2(Sukhmvit55)


※掲載記事は取材時点の情報を元に作成しております。施設(またはお店・企業・物件等)の都合や現地事情により、実際の情報と記事内容が異なる場合がございます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る