ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!

“製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。

“製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場!

ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。
今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。

METALEX史上初! 製造先進国ドイツとパートナーシップ

今年で33回目となる、同イベントのテーマは「New Smart Technology」。そこで、今回は世界最高峰の製造先進国ドイツとパートナーシップを結び、第4次産業革命と言われる、製造現場へのIoTや人工知能(AI)などのデジタル技術を活用を取り組む「インダストリー4.0」発祥国であるドイツからも多くの企業が出展し、注目を集めた。

今年で33回目となる、同イベントのテーマは「New Smart Technology」。そこで、今回は世界最高峰の製造先進国ドイツとパートナーシップを結び、第4次産業革命と言われる、製造現場へのIoTや人工知能(AI)などのデジタル技術を活用を取り組む「インダストリー4.0」発祥国であるドイツからも多くの企業が出展し、注目を集めた。
 
主催者Read Tradexs社のスッティサック専務取締役は「METALEX史上初の製造先進国ドイツとパートナーシップを結び、ドイツ政府機関とも協力関係を持ちました。Siemens、Chiron、Emuge、Frankenといった最先端技術を保有するドイツ企業48社が出展。中でも、『UMATI(ユーマティ)』という工作機械のスマート化に向けたインターフェースは必見です」とイベントの新たな展開を発表した。

世界企業が参画する 「UMATI」

「UMATI」とは「universal machine tool interface」の頭文字をとったもので、その名の通り「工作機械がネットワークを介してシステムと接続しデータ交換をするための共通のインタフェース規格」のこと。VDW(ドイツ工作機械工業会)が主体となり、日本を含めた多くの工作機械メーカーや制御装置メーカーが参画してその規格化に取り組んでいる。

2019年9月の時点で、すでにドラフト版が何度か改定されるところまで議論は進んで来ており、正式版のリリース準備に入っている段階だという。

タイへのドイツ製機械の輸入額 9月だけで310億バーツ

工作機械の最先端国であるドイツ。会場には、ドイツ連邦経済エネルギー省のトーマス・バーライス大臣も足を運んでいた。トーマス大臣は「今年1〜9月のタイの産業用機械の輸入額は390億バーツだが、そのうち、ドイツの機械は310億バーツ(9月)を占めています。タイでドイツ製の機械が好まれている証拠です」とタイ市場のポテンシャルの高さを示した。

METALEXの顔はニッポン!

今年のMETALEXでは、製造大国ドイツの参加が目玉の一つだった。とはいえ、会場に一歩足を踏み込めば、目立つ場所の多くは日本企業が陣取る例年通りの姿があった。

コンパクトロボットアームで有名な総合機械メーカーのナチ テクノロジーの寳島章ゼネラルマネージャーが「今年は新シリーズを展示するとともに、弊社のロボットアームが製造現場以外でも活躍できるほどの汎用性があることを示したコンセプトにしました」と話す通り、同社ブースには、ロボットが飲料を作り運んでくれる姿に多くの人が釘付けになっていた。

また、工作機械を取り扱う商社「YONEZAWA ENGINEERING ASIA(THAILAND)」の谷田貝太一マネージングダイレクターは、タイ経済低迷を危惧する声が高まっていることについて「バーツ高や米中貿易摩擦の影響で、確かに今年や来年は厳しいでしょうが、そうした中でもタイ経済の成長が止まっているわけではなく、あくまで成長が一時的に鈍化しているだけ。ニーズを汲み取ることで、好調な企業もあります」と話した。

他にも、現状の厳しさについての声は挙がるものの、将来的なタイ市場の先行きを暗いと話す人は少なかった。古くから多くの日系製造業が進出するタイは、盤石な裾野産業が構築されているからだ。

オール・ジャパンで出展!

一方、今回のMETALEXには、岡山県や和歌山県、大阪府堺市など中国・近畿地方の7自治体が参加した他、11年連続でジェトロ・パビリオンが開設。16都府県から過去最多となる52社・10団体が出展した。

また、昨年に続き、東京都中小企業振興公社の総合ブースには14社が参加した以外に、METALEXの日本国内代理店であるアクト・インターナショナルが取りまとめた53社が、共通ロゴ「Japan.Monozukuri」を用いて出展するなど、「オール・ジャパン」のブランディングに力を注いだ。METALEXの顔は、あくまでニッポンであることは揺るがなかった。

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 「交通ルールを守り、無事故で明るい年末年始を迎えましょう」。誰もがそう願うが、飲酒の機会や忙しなく運転するドライバーが増えるこの時期は1年で最も交通事故が多く、悲しいニュースが祝賀ムードに影を落とす。
  3. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  4. 家族や仲間が集まって、“乾杯”をする機会が増えるこの時期。 タイのお酒を嗜む方も多いのでは。 ビール以外のお酒と言うと、「メコン」「センソン」「ホン・トーン」といったウイスキーが挙げられがちですが、実はこれらは米やサトウキビの糖蜜を原料に作られるため、ダークラムに分類されます。 また、国内最大のアルコール飲料メーカーであるタイ・ビバレッジが製造する「メリディアン」や、「リージェンシー」といったブランデーも人気。 いずれもブドウやパイナップルといった果実の芳醇な香りを特徴とし、すっきりとした飲み口が喜ばれています。
  5. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  6. タイ人の消費意欲は衰え知らずだ。タイ商工会議所大学は12月11〜20日にかけて、年末年始における支出計画をタイ人にヒアリングする消費動向調査を実施。その結果、支出予定総額は1,378億Bに上り、2006年の調査開始以来、最高額となった。
  7. 020年1月1日。新しくなった国立競技場で、最初のスポーツイベントが行われた。天皇杯の決勝である。今年はヴィッセル神戸と鹿島アントラーズによるタイトルマッチだったのだが、どの選手も新しい“国立”での試合に少し興奮しているようでもあった。勝敗の方は、神戸に軍配が上がった。  さて、そんな元日の東京は天気にも恵まれ、初詣にもぴったり。サッカーを見終えてから初詣に向かった。今年は横浜の住まいから少し足をのばして、調布の深大寺を訪れてみた。以前から気になっていた寺である。すでに有名な観光スポットでもあり、やはり大勢の参拝客がお参りに来ていて小ぶりの参道は人であふれていた。通りに沿って何件かが並ぶ土産屋や蕎麦屋も大忙しといった様子で、元日らしい活気に満ちていた。  このような東京郊外の寺にもやはり東京2020大会の予兆はあり、外国人観光客がかなり目立ってきた。随所に外国語表記の案内が置かれ、スマートフォンでQRコードを読み取れば、数カ国語によるガイド映像を観ることもできる。オリンピック開催を控え、お寺もしっかりと準備をしているようだ。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top