史上初“AKB48Gアジアフェス”に密着

1月27日。AKB48グループ史上初、国を越えた全7グループが一堂に会する「AKB48 Group Asia Festival 2019 in BANGKOK」が行われた。1万人以上のファンを魅了した1日に、編集部が迫る。(取材・文/山形)

AKB48初の海外グループが誕生したのは2011年、ジャカルタだった。それから7年を経て、台北・マニラ・上海・バンコク・サイゴンが仲間入り。日本だけで歌われていた楽曲は言語を変え、外の世界へと羽ばたいていった。

約2時間半、33曲を熱唱「グループ全体を盛り上げたい」

「どんなステージになるのか想像がつかない」。開演前、どのメンバーも似たような言葉を発していた。誰もが初体験となる夜のメインステージへ。勢い良く登場した総勢76人のメンバーは、AKB48グループの原点とも言える『会いたかった』『AKB48』を披露。オープニングからファンの視線を釘付けにした。

1部イベントではBNK48がタイの伝統衣装で登場

約2時間半で、計33曲。さまざまな組み合わせで、彼女たちはステージに現れた。なかでも目を奪われたのは、各グループが順に登場するステージのトリを務めたAKB48だった。登場した瞬間のオーラが、他グループとは一線を画していた。これまでの歴史と共に培われてきた、「自分たちがAKB48グループを引っ張る」という自覚とプライドの差が表れていた。迷いなくファンに向けられたパワーを体感したい。無意識に、ステージ横から正面席へ足が動いていた。

各グループがステージ上でその個性を存分に発揮した

ライブの締め括りに、AKB48グループ総監督の横山は口を開いた。「今回、AKB48の楽曲を通して一つになれている感覚がありました。それぞれ別々に活動していますが、もっとみんなでAKB48グループを盛り上げていきたいですし、今日がそのきっかけになれたら!」。ファンは大きな声援でそれに応えた。

“家族みたいにひとつになれる”それが、今のAKB48グループ

BNK48とファンが生み出す熱気は、圧巻だった。これが今、タイで社会現象を巻き起こす彼女たちの実力か。同イベント前日、BNK48(タイ)初の総選挙が行われ、キャプテン・チャープランが1位の座についた。人気・実力ともに誰もが認める彼女は、あるインタビューでこんな話をしていた。「BNK48は、大きなガラス瓶の中に集まった素材みたい。それぞれに違う役割や個性があり、わかりやすく言ったらスムージーみたいなもの。シロップ・氷・果物など一つひとつは違うけれど、混ざり合うと美味しくなる。そして新しいメンバーが加わったら、また新しい味になれる」。その言葉は、メンバーが入れ替わりながらも成長を続けてきた、AKB48の軌跡と重なる。

タイでの人気の高さを見せつけたBNK48

終演後のバックステージには、互いのグループを慕い、抱き合い、言葉を交わすメンバーの姿があった。ライバルではなく、同志として、家族として―――。

今回、国も文化も異なる彼女たちに「あなたが考えるAKB48グループとは?」という質問を投げかけた。元AKB48で、現Team TP(台北)に所属する阿部マリアは、“前代未聞”と表した。「今まで誰もやってこなかったことを実現させ、それをどんどん発展させていくグループ」だと。Team SH(上海)のMaoとLiuは、「家族のような存在」と答えた。SGO48(ベトナム)のKayceeは、「違う言語でも、ステージ上ではひとつになれるグループ」と話してくれた。他のメンバーも言葉は違えど、同様だった。これは、各グループメンバー混合のユニット曲で体現されていたように思う。日本語・タイ語・中国語といった言語が1曲に混在しながらも、しっかりと、ひとつの音楽になっていた。

各グループのメンバーによる混合ユニットも登場(写真はAKB48小栗有以、BNK48ミュージック、SGO48 Chiu Pin –Hanによる『ハート型ウイルス』)

“会いに行けるアイドル”として、AKB48が秋葉原に誕生してから13年。“世界中へ会いに行くアイドル”として新たな扉を開いた彼女たち。次にどんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみでならない。

AKB48メンバーへの独占インタビューは、コチラ

【WiSE独占インタビュー】ライブ後のメンバーを直撃!

 

関連記事

  1. ソンクラン 旅行特集 第2週

  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  3. WiSE ゴルフコンペ2017 結果発表!

  4. 2018-19:年末年始旅行特集 Vol.2

  5. 【旅行特集 Part.1】知られざるパッケージツアーの魅力とは?

  6. 【WiSE独占インタビュー】AKB48がMAYAフェスに初参戦

  7. 【年末年始 旅行特集】Vol.3 タイ国内リゾート

  8. 立松里奈、日本アマチュア選手権出場へ〜中村コーチが語る“強さの理由”

  9. 【ソンクラン旅行特集】Vol.2
    タイ国内のビーチリゾート&離島

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP