AEON×よしもと
桂文枝独演会

 

―今回の感想を教えてください。
平成18年に初、一昨年は襲名披露と、公演自体は今回で3度目ですが、テレビ番組の仕事などで、これまでにも何回かタイに来たことはあるんです。そのたびに、違う印象を受けますね。初めて訪れた時には、正直、「エネルギーにあふれているけど、いろいろなところで、少し遅れているかな」という感じだったんです。建物にしても、マナーにしても。当時は今のように、日本でタイ料理レストランも多くありませんでしたし、そこまでタイを知る機会がなかったからかも知れませんが。それこそ、最初にトムヤムクンを食べた時には「この酸っぱ辛いのは何や!」とびっくりしたぐらいで(笑)。でも今回訪れてみて、高層ビルもたくさん立ち並んでいるし、電車内もキレイだし、随分変わっていて驚きました。

―前回の公演から比べても、全然違いますか
2年前にもプロンポンを訪れましたが、その時には(エムクオーティエのような)大きなデパートはありませんでしたからね。前は、駅のそばにある公園辺りを散策するぐらいで。でも今は、プロンポン周辺もすごくキレイになっていて、デパートと駅が直結していたり、便利にもなっていました。新旧が混然一体としているところもそうですし、“これからまだまだ発展していく”都会としての魅力があふれていると思います。勢いを感じますね。

―諸外国でも公演されていますが、国によって違いはありますか。
シカゴやロスなどにも行きましたが、公演を見に来られる方は大体、年齢層が高いですね。特に、ロスは高齢化しているところもあり、ネタもそれに合わせてやっていました。バンコクの日本人の方は、みなさんお若い。外国にいる方は実年齢より若いと感じる人が多いのですが、バンコクは特にその傾向が強い気がします。

―今回披露された演目「ゴルフ夜明け前」は、そういった年齢層を意識して選ばれたのでしょうか。
それもありましたが、昨日ちょうど、タイではゴルフをされる方が多いと聞きまして、じゃあこれでいこうと。

―会場では、ゴルフフォームのくだりで笑いながら頷いている人も多くいらっしゃいました。
そうですか。別のネタも考えていたんですが、ゴルフネタで正解でしたね。

―公演の中で、「将来はタイに住みたい」という話もありました。
タイ人はやさしいし、礼儀正しいし、気候もよさそうだし、年寄りには暮らしやすいと思います。それに、タイにはネタが山ほど落ちているなと。近代的なのに、なんでウォシュレットはないのかとか、露店ではピストルも売ってるんかとか。ピストルは結局、ライターだったんですけど、そんなところも含めて、実にネタがいっぱいでおもしろい街です。また、タイには何度か来ていますが、今回初めて、電車に乗りました。日本には「妊婦さんや老人には席を譲りましょう」というのはありますけど、僧侶専用シートを見て、ああタイ独特だなと。でも、「子ども連れに席を譲る」という話を聞いていたのに、自分が見た時は親子で地べたに座っていて、コレも驚きました(笑)。

―移住された際には“タイ吉本の現地顧問”ということもあるのでしょうか。
そうですね。タイ吉本の芸人たちも頑張っているし、将来的に、タイで人気者となる人を育てるお手伝いができればと思います。今も、吉本がタイでいろいろとやらせてもらっていますが、タイの方にも笑いのノウハウを学んでもらいたい。タイの人は表現力があるし、楽しいしおもしろいし、いい人材がいると思いますよ。今、創作落語が257作ほどあるのですが、今後はタイを題材にしたネタも作りたいですね。

―一昨年の襲名公演では体調を崩されていましたが、今回のタイ滞在はいかがですか。
前回は、気温と室温の変化に体がついていかず、風邪をひいてしまいましたが、今回はバッチリです。昨日はタイ料理のフルコースをいただきました。甘い料理から酸っぱい料理、辛い料理と、タイの料理はバラエティいっぱいで楽しいですね。日本で知人に“仙草”を薦められて、どんなもんかと昨日試しにゼリーを食べたんですが、これまた意外な味で。日本だと見た目から味が想像できますが、タイではそうはいかない。いい意味で、予想と違うのが魅力です。それに、果物の種類も豊富。ホテルの朝食ビュッフェで、好きなフルーツを選んだらミックスジュースにしてくれるんですけど、スイカやパッションフルーツやら、いろいろ入れたら、ようわからん味になってしまいました(笑)。

―今回は5日間の滞在とのことですが、オフのご予定は。
前回はカービングをやったり、寺院をいろいろ回ったりしたので、今回は植物園や水族館に行きたいですね。

―2016年に向けての抱負をお聞かせください。
まず、来年の大河ドラマ「真田丸」で千利休という役を承りましたので、準備万端、しっかり演じたいと思います。脚本家の三谷幸喜さんからは、出演シーンの台本はまだ届いていませんが(笑)。また、2016年は芸能生活50年という節目の年。記念イベントが1年を通していろいろとあると思いますが、体に気をつけて、元気に乗り切っていきたいと思います。


おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  3. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  4. 店の名を冠した人気No.1メニューです。旨さの秘訣は濃厚な野菜ペーストをベースに、10日ほどかけて仕込む「秘伝のルゥ」にあるのですが企業秘密なのでこれ以上はお話できません、ごめんなさい。さまざまなトッピングもご用意していますので、まずは一度、ご自身の舌で味を確かめてください。リピーターも大歓迎です!
  5. 僕のセオリーは「腹が減っては営業ができぬ」。忙しいときのスピードご飯の中でも、最近のお気に入りはずばり「カレー将軍」。卵をグチャグチャに混ぜて頬張るときの幸福感たるやもう…。
  6.  景気低迷なんのその。今年のタイは、東部 経済回廊(EEC)のさらなる発展が経済を下 支えするという。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top