【まとめ】お腹も心も大満足!ビュッフェ13選

 

異国文化が混在するバンコクは、ビュッフェもさまざま。
あれこれ食べたい欲張りなアナタに捧げるバンコクのおすすめの食べ放題はここ!


 

驚愕の安さで食べ飲み放題を実現
『串かつ』

揚げたてサクサクの串揚げが思う存分食べられる

タニヤ通り近くのウォールストリートタワー地下にある「串かつ」は、居酒屋「酒の店」の姉妹店。目玉は、多彩な串揚げ全種類が食べ放題+アサヒ生ビールも飲み放題で700B(税・サ込)という看板メニュー。しかも時間制限なしというから驚きだ。肉や魚、野菜といった素材はもちろん、油やパン粉にもこだわり抜いた。串かつ専門店の味がこの低価格で味わえるのはうれしい限りだ。
SHOP INFO はこちらから


 

挽きたて打ちたて本格そばが食べ放題
『サガミ』

エビ・魚・野菜の天ぷら付き。めんつゆと胡麻ダレ、ネギはおかわり自由

本格そばを提供する「サガミ」のタイ2号店がセントラルワールドに登場。そばの原料は100%北海道産。毎日、店頭の石臼で挽いたそば粉で製麺するそばは、芳醇な香りと喉ごしの良さが特徴。日本から輸入しているこだわりのダシとの相性も抜群だ。名物「食べ放題そば」で挽きたて・打ちたて・茹でたてのおいしさを心ゆくまで堪能したい。天ぷら盛り合わせ付きで290Bという価格もうれしい。
SHOP INFO はこちらから


 

あれもこれも!好きな和食を好きなだけ
『たんたん居酒屋』

刺身の盛り合わせや、手軽に食べられる鍋など大勢で楽しめるメニューが豊富
「大勢で楽しく食事したい」「いろんな料理をたくさん食べたい」、そんなときに重宝するのが「たんたん居酒屋」だ。その名の通り、しゃぶしゃぶ、刺身、寿司、串焼き、揚げ物、鉄板焼きなど、120種類以上ある和食メニューを好きなだけ食べられる。カクテル・ビール飲み放題メニューを追加すればさらにお得。時間を気にせずゆっくり食事したいときは、アラカルト注文も可能と、使い勝手のいい一軒だ。
SHOP INFO はこちらから


 

全60種!日本の味をお手頃ビュッフェで
『東海』

タン塩にロース、リブアイ、エビやサーモン、ムール貝も食べ放題!日本の餃子やカレーも好きなだけどうぞ
食料品の輸出入を手掛ける日本人店主が40年前に創業した「東海」。独自のルートで仕入れる米国&豪州産牛肉、ノルウェーサーモンなどの魚介類をはじめ、日本のカレーやビビンバ、デザートまで60種のメニューが食べ放題で楽しめる。初代日本人料理長のレシピを踏襲した本物の日本の味を提供。圧倒的な仕入れ力で高品質&低価格を実現した自慢のビュッフェは、タニヤ店でも開催中。
SHOP INFO はこちらから


 

ホテルビュッフェで味の世界旅行を
『ATRIUM』

シーフードほか、厳選素材がズラリと並ぶ
ランドマークホテルにあるレストラン「アトリウム」。タイ料理はもちろん、中華、和食、西洋料理など、世界各国の味が堪能できるビュッフェが好評だ。クッキングステーションでは、新鮮な魚介類をシェフがお好みに調理。デザートコーナーではチョコレートフォンデュが楽しめる。現在、4名以上の来店で飲食代が50%オフに。家族での外食や友人たちとの食事会、デートにぜひ。
SHOP INFO はこちらから


 

ホテルで本格広東式の飲茶ビュッフェ!
『LIN-FA CHINESE RESTAURANT』

スープ、麺、デザートはメニューから1品セレクト。点心はオーダー制の食べ放題で、できたてを運んでくれる
ザ・スコソル・バンコク1階にあるチャイニーズレストラン「リン・ファ」では、土日のみに開催される飲茶ビュッフェが評判。本場広東スタイルの点心が20種類以上揃う。プリプリのエビ入り餡を包んで蒸したハカオ、サクッとした食感が楽しいタロイモのパイ風、表面はカリッ、中はもっちりの大根餅など、どれも丁寧に作られた正統派。くつろぎのホテルレストランで、絶品飲茶を召し上がれ!
SHOP INFO はこちらから


 

しゃぶしゃぶ・すき焼きをお手頃に
『Mo-Mo-Paradise(ターミナル21店)』

東京No.1のしゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題専門店の味を、ここバンコクでも
日本発のすき焼き・しゃぶしゃぶ専門店「モーモーパラダイス」。セントラルワールド含め、バンコクに7店舗を展開する人気店だ。豪州産牛肉やタイ産黒豚、生食可能な卵を使用するなど、新鮮かつ厳選素材がズラリ。添加物や化学調味料は一切不使用と、安全面にも配慮している。すき焼き、しゃぶしゃぶといった定番メニューほか、7月からはとんこつ鍋も登場。
SHOP INFO はこちらから


 

世界の料理を食べつくす!
『PATUMMAT INTERNATIONAL RESTAURANT』

料理の種類によって異なる、工夫を凝らした盛り付けも食欲をそそる
毎日インターナショナルビュッフェを楽しめる創作料理レストラン「パトゥムマット」。新鮮なシーフードなど素材にこだわり、ワンランク上のタイ料理のほか、刺身や寿司などの日本食、フレンチ、モロッコ、中華などバラエティ豊かな多国籍料理を思う存分味わえるのが魅力だ。女性や子どもに大人気なのが、目移りしてしまうほどの豊富なスイーツ類で、ホテルシェフ自慢の味が堪能できる。
SHOP INFO はこちらから


 

“食の市場”でいただくビュッフェ
『RED OVEN』

外国の市場を思わせるビュッフェコーナーのプレゼンテーション
ソフィテルソーの7階にある「レッドオーブン」。エキゾチックな雰囲気の店内にはシンボルの赤いオーブンが鎮座し、周りには寿司や新鮮な魚介類の並ぶカウンター、オーガニック野菜が揃うサラダバー、チーズコーナー、“アイスクリームの鉄板焼き”などが味わえるデザートコーナーなど、バラエティに富んだ品々が揃う。
SHOP INFO はこちらから


 

リバーサイドで味わう至極のビュッフェ
『RIVER CAFE AND TERRACE』

新鮮な食材をグリルバーで調理。できたてをお好みのソースでいただく
ペニンシュラホテル内にある「リバーカフェ&テラス」。朝晩のビュッフェでは、肉や魚介類などの新鮮な食材をその場で焼き上げるグリルバーベキューから、世界のチーズ、コールドカット、伝統的なタイ料理まで、多岐にわたる料理を堪能できる。また、同ホテルのエグゼクティブ・ペストリーシェフによるデザート類は必食。チャオプラヤー川の穏やかな流れを眺めながら、至極の時間をどうぞ。
SHOP INFO はこちらから


 

ホテルビュッフェを手頃に楽しむなら!
『WINDSOR CAFÉ』

各料理の熟練シェフの味が集結したスペシャルビュッフェ。金土日の夜はBBQシーフードビュッフェも開催
お手頃価格のホテルビュッフェといえば「ウィンザー・カフェ」。タイ・イタリアン・中華などのインターナショナル料理が約200種並ぶ「スペシャル・ビュッフェ」が、なんと599Bで堪能できる。各料理の専属シェフが厳選素材を用いて作る料理はどれも本格派で、特にタイ料理は本場アユタヤで修業したシェフ作の「クイティオ・ルア」はじめ、珍しい地方料理も多数ラインナップ。スイーツも秀逸だ。
SHOP INFO はこちらから


 

各国料理を味わえる日替わりビュッフェ
『ZETA CAFE』

カキやムール貝などの魚介類も充実。誕生日は20%オフに
ホリデーイン8階の開放感あふれる「ゼタ・カフェ」では、ランチ、ディナーともにビュッフェを実施。ランチは作りたてのパスタをはじめとする麺料理、寿司、タイ料理のほか、サラダバーやドリンクバーも用意。ディナーでは火曜がメキシカン、水曜は中華、木曜は中東、金曜はバーベキューと、日替わりでメニューを提供している。昼も夜も、毎日来ても、新たな感動に出会えること間違いなし。
SHOP INFO はこちらから

関連記事

  1. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

    AKB48 単独“ファンミ”開催独占インタビュー

  2. BNK48 伊豆田莉奈×大久保美織インタビュー

  3. よしもとインタビュー

  4. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  5. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  6. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  7. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

  8. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  9. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイで人気のリクルートウェブサイト「JobThai」は、上半期の累計登録者が同期前年比で11%上昇。現在サイト利用者は1000万人以上で、登録者は前年同期より25%増え、90万人となった。  同社によると、2019年上半期で最も求職したのは25〜34歳で全体の58.7%を占めた。業種別ランキングでは「飲食業」がトップ。入国ビザの緩和により、観光スポットなどの飲食店が増えたことが要因とみられる。2位には政府政策の東部経済回廊により「自動車産業」がランクイン。3位以降は「サービス業」、「建築業」、「小売業」と続く。  同社セーンドゥアンCOOは、「求人数は政府の経済政策に大きく関係している。現在の労働者は将来のタイ経済発展の重要な力だ」と話している。  一方、アメリカ系リクルート会社「マンパワーグループ」が行った人材技術の開発研究によると、ITの発展によりデジタル・ロボット化が進んでいるとした。今後はこれらをコントロールできる技術者の存在が欠かせなく近い将来、IT技術者の需要が確実に伸びると予想される。また、今ある企業がITエンジニアを5倍に増やすことで、製造業などの分野で機械化が進み、労働者数は大幅に減ると予測している。  時代によって求められる能力は変化する。これに対応できる人材になることが、生きていく上で重要になっていくだろう。
  2. 濃厚な甘みが特徴の「丸和ポーク」を使用しています。厚切り肉を丁寧に処理し、最新のフライヤー「ドクターフライ」で揚げるためサクサクでジューシーな仕上がりです。油分の吸収を抑えているので、カロリーを気にしている方もお召し上がりいただけます。ぜひ「丸和ポーク」をお試しください。
  3. 軽く炙ったササミ肉を、酢飯にのせた人気の親子丼。甘口醤油ダレと卵黄の組み合わせは最高。鶏の旨みが凝縮したスープで口を潤したら、一気にかき込んでしまいます。
  4. 有名タイ料理店のオーナーが経営するヌードル専門店「スリー・ホイールス・トム・ヤム・ヌードル」。店先に飾られた昔ながらの三輪自転車が目印です。店内はモダンで落ち着いた雰囲気。ゆったりとローカルフードを楽しみたい方にぴったりです。看板メニューは、スパイシーなトムヤムスープに麺や卵、豚肉などが入った「クイティアオ・トムヤム・カイヤーンマトゥム」。魚やタイ風豚肉ソーセージの「ムーヨー」などの具材を追加でトッピングできます。
  5. タイの英字新聞「バンコク・ポスト」は5日、新政府の閣僚7人を集め、「ROADMAP TO SUCCESS : UP CLOSE WITH THAILAND’S NEW MINISTERS」と題したフォーラムを開催した。テーマが示す通り、タイ経済の成長に向けた方針を各大臣が発表。主要産業である輸出のテコ入れから低所得者向けの政策まで、幅広い分野で議論が今後進みそうだ。  先陣を切ったのは、ウッタマ財務大臣。「タイ経済は輸出に大きく依存している」と重要性を強調した上で、米中貿易戦争がタイの輸出低迷に繋がっていると指摘した。  そこで、ジュリン商務大臣はASEAN10カ国に日、中、韓、豪、インド、ニュージーランドを含めたASEANプラス6との自由貿易協定(FTA)の締結を進める。世界のGDPの3割を占めるこの16カ国との貿易を促進し、輸出額を回復させたい考えだ。5年間の軍政時代にFTAが解除された欧州についても、民政移管後を機に協定が復活するとの期待を示した。  スリヤ工業大臣は米中貿易戦争のメリットに注目する。同氏は経済が冷え込む中国の代わりに、投資マネーをタイにシフトさせるべきと主張。特に自動車業界と東部経済回廊(EEC)への投資支援策には力を注ぐという。  ソンティラットエネルギー大臣はタイを「東南アジアの電力センター」とする構想を披露。タイで大量に生産されているパーム油の活用などにより、電力コストを下げたいと話した。  他にも「医療用大麻の合法化」(アヌティン保険大臣)、「医療観光の促進、地方都市へのインバウンド需要喚起、eスポーツの国際大会開催支援、ビニール袋の削減」(ピパット観光・スポーツ大臣)、「『GRAB』の合法化や交通系ICカードの一元化、PM2.5対策、運賃値下げ」(サックサヤーム運輸大臣)、「主要農作物における最低・最高価格の設定」(ジュリン商務大臣)などの政策が挙がった。  いよいよ本格的に動き出した新政府。国民から真に支持を得て、長期政権となれるか。プラユット内閣の真価が問われる。
  6. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。
  7. 「ハングリー・ゴースト・フェスティ バル」は、中華街の8月の風物詩。古来より中華系の人々の間では、旧暦の7月に地獄に通じる門が開き死者の魂が地上に還ると信じられてきたのだとか。このため、弔ってくれる子孫や縁者がいない「ハングリー・ゴースト」たちの魂を慰める風習が生まれました。 「ハングリー・ゴースト」は、悪戯をすると考えられ、食べ物を供えたり、死後の世界で使えるようにと紙幣を燃やすなどして供養します。また、この時期には結婚や引っ越し、不用な外出を控えるといった独特な習わしもあるそうです。

今月人気の記事

PAGE TOP