バンコクのインター校

インター校7選!

各校の特徴を日本語で紹介。ご自身の優先順位をしっかり持って、希望、条件にあう学校を見つけてください。

インター校LIST!

多彩なカリキュラム、課外授業を揃えるバンコクのインターナショナルスクール。教育水準も高く、卒業後は海外の大学へ進学する子どもも数多くいます。日本語授業実施の有無なども、学校選びのごい参考に!

座談会「私たち、こうして選びました!」

日本では選択肢になかった“インターナショナル校(インター校)”が、タイではお子さんの進学先のひとつに! 憧れはあるものの…情報が足りなくて困っていませんか? そんな方々に向けて、お子さんをインター校に通わせるお母さんたちの“生の声”をご紹介!

カリキュラムの違い

導入されているカリキュラムはアメリカ式、イギリス式に大別されますが、バックグラウンドは本国だけでなく、日本やシンガポールなどさまざま。タイ政府は“アジアの教育ハブ”を目指す方針を掲げており、それに応えるように、在タイ外国人や近隣諸国の子女を積極的に受け入れる学生寮付きの学校が増えてきています。
●アメリカ式
SAT(全米共通の学力評価試験)による受験準備が中心のカリキュラム。卒業証明書が、世界各国の大学進学に必要な教育を修了した証明となります(日本の学校も同様)。
●イギリス式
IGCSE(国際中等普通教育証明書)やIB(国際バカロレア)などの単位取得を目的としたカリキュラム。日本の低・中・高学年のように2〜3年で学習段階が区切られ(Key Stage)、必修科目と学習内容が定められています。

※タイ国内のインター校は、2学期制・3学期制共に8月から新学期が始まるのが一般的。前者は8〜12月/1〜6月。後者は8~12月/1~4月初旬/4月下旬~6月に概ね分かれています(詳細は、各校にご確認ください)。

インター校の校風とは

ディスカッションを中心とする授業やスポーツ活動が特徴的。「自ら考え学び、動く姿勢」が求められ、日本式の「受け身・横並び」教育とは大きく異なります。サイエンスやアート、スポーツなど課外活動も活発で、ハイスクールでは3Dプリンターの設計技術、心理学、コンピューターを用いたIT関連知識の学習など、専門性の高いカリキュラムが用意されています。

日本語授業もあり

生活のメインが英語になると、日本語に不安を感じる保護者も多いでしょう。さまざまなバックグラウンドの学生が集うバンコクのインター校は、日本語(母国語)クラスを設けている学校が多数あります。入学前に確認してみましょう。

入学に際して

8月から新学年が始まりますが、通年で受け入れるところがほとんどです。学校によっては1学年あたりの日本人生徒数に上限を設け、欠員が出れば募集するところもあるため注意が必要です。

幅広い授業料

年間授業料は、10万バーツ程度から100万バーツ近くかかる学校もあります。また授業料以外に、各資格試験の費用、送迎費、ランチ代(任意)などが必要な場合も。

長期休みは日本の学校へ

一時帰国の際、日本の学校に体験入学をすることができます。滞在場所から通える学校や、帰国後に通わせたい学校があれば、一時受け入れが可能か問い合わせてみましょう。子どもにも在校生にも貴重な体験となるはず。申請方法は自治体や学校によって異なりますので、出国前に下調べを。

卒業前に帰任になった場合に

卒業まであとわずか、というタイミングで帰任になった場合は、学生ビザを取得して滞在する選択肢もあります。寮がない場合、親も保護者ビザを取得する必要がありますが、帰国子女枠での受験が控えていれば卒業させたいのが親心。悔いのないよう計画を立てましょう。

 

 

special

 

この記事をSNSでシェア!

PR
  • 技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工
    技術と“人間力”が実現する 最高峰のアルミダイカスト加工

おすすめ記事

  1. 石井正忠監督独占インタビュー
  2. ソンクラン 旅行特集 2020「ホテル特集」週刊ワイズ ソンクラン 旅行特集 2020「ホテル特集」
  3. ムエタイの若武者福田海斗独占インタビュー
  4. Special Interview Magician JONIO
  5. Special Interview 国際交流基金xLSEアカデミー
  6. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  7. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top