「未来への努力」日本語教育能力検定試験 合格者の心境とは?

 

日本語教育能力検定試験に合格した加納さん、LSEアカデミーで教鞭を執る鈴木講師、 そして本誌・武田編集長による座談会を開催。なぜ資格を取ろうと思ったのか?試験合格までの苦労など、心境を振り返ってもらった。

 

  武田  :有資格日本語教師養成専門校であるLSEアカデミー(以下LSE)で学ぼうと思ったきっかけを教えてください。
  加納  :せっかく習うなら資格が取れるものがいいと考えました。また、主人がタイ人なので、ハーフになる子どもにしっかりとした日本語を身につけさせたいと考え、受講を決めました。
  武田  :授業を受けた感想はどうでしたか?
  加納  :最初は、教科書を読んでもなかなか理解できなかったのですが、先生が準備してくださるプリントを読み、説明を受けることで理解できるようになりました。とてもわかりやすい授業ですね。
  武田  :楽しかった点は?
  加納  :授業自体はあっという間。毎回新しいことを学べるので、すべての授業が楽しかったです。当初は日本語の文法を重視した勉強になるのかと思っていましたが、言語をどういう過程で習得していくのかなどさまざまな分野について学びました。自身の言語獲得の過程を客観的に見ることができ興味深かったです。
  武田  :一方では、どんなところが壁になりましたか?
  加納  :まさか日本語のリスニングでつまずくとは思っていなかったです。外国人が言い間違いをしたときに、口の中がどうなっているのかを指摘するという問題がかなり難しかったですね。
  鈴木  :例えば、トンカツをトンカスと発音した時の「ス」の口の中はどうなっているのか、など日本語の50音全部を覚えないといけないんです。
  武田  :それは大変ですね。では、どういったところにやりがいを感じますか?
  加納  :最初はわからなかったのが、少しずつ問題が解けるようになり、リスニングが突然わかるようになったりした時はうれしかったです。400字の記述問題もあり、最初は何を書いていいかわからない状態だったのですが、先生の指導を受けるとスラスラ書けるようになりました。
  武田  :1日に何時間くらい勉強をしていましたか?
  加納  :最初の半年間はそれほどでもなかったですが、試験直前は日によっては1日中勉強していました。
  武田  :家庭との両立は難しかったのでは?
  加納  :その時は妊娠5ヵ月だったので、家族は主人だけ。主人は全面的に協力してくれました。時には外食してくれることもあり、助かりましたね。また、タイだからこその環境だと思いますが、アヤさんがいたので、自分の時間を確保することができました。
  武田  :旦那さんは理解してくれましたか?
  加納  :集中できることが見つかってよかったねと言ってくれました。
  武田  :お子さんに日本語を教えたいとおっしゃっていましたが、その他にどういったことを考えていますか?
  加納  :子どもを保育園に預けられるようになったら、まずは近所で教えられればと考えています。私はバンナーに住んでいるのですが、付近には日本語を勉強したい人が結構いるんです。英語と中国語の学校はあるのですが、日本語学校はありません。知り合いのタイ人から「教えてほしい」と言われるので需要はあると思っています。ただ、可能であれば多くの人に教えたいので、小さい規模でも教室を開きたいですね。
  武田  :LSEで学んだことで、大きく変わった点はありましたか?
  加納  :以前は「タチツテト」が言えない人にできるまで言わせたり、強引な教え方をしていました。ただ、彼らはそもそも発音の仕方がわからないんです。日本人にとってのタイ語も同じだと思いますが、最初の段階から違いがわからない。LSEに入り、その説明が正確にできるようになりました。言語の違いを論理的に理解できるようになったわけです。口の中の動き(口腔断面図)を学べたことは今後も生きてくると思います。
  武田  :資格を取得したことで、晴れて日本語教師になれますね。
  鈴木  :現在、日本においては日本語教師が不足しています。昔とは異なり、多くの日本語学校で日本語教師を必要としている状況です。LSEの卒業生でも、合格後に本帰国し、日本語教師として頑張っている方が多数いらっしゃいます。
  武田  :駐在員の奥様も日本へ帰った時に、すぐに仕事を探せるわけですね。つまり資格を得るメリットは大きいと。
  鈴木  :やはり学習で得た知識は、一生の宝物です。日本に戻った後も仕事ができ、さらには国際交流もできる。海外生活を経験した方だからこそ教えられることも多いので、ぜひ日本で教壇に立ってほしいと思いますね。


 

【お問い合わせ】
LSEアカデミー
バンコク校:スクンビット・ソイ39(オレンジハウス2階)
シラチャ校:ケープラチャホテル内
TEL:02-005-9776
E-mail:lse@lse-ac.com
www.lse-ac.com

 

 

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  3. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  4. 僕のセオリーは「腹が減っては営業ができぬ」。忙しいときのスピードご飯の中でも、最近のお気に入りはずばり「カレー将軍」。卵をグチャグチャに混ぜて頬張るときの幸福感たるやもう…。
  5. 店の名を冠した人気No.1メニューです。旨さの秘訣は濃厚な野菜ペーストをベースに、10日ほどかけて仕込む「秘伝のルゥ」にあるのですが企業秘密なのでこれ以上はお話できません、ごめんなさい。さまざまなトッピングもご用意していますので、まずは一度、ご自身の舌で味を確かめてください。リピーターも大歓迎です!
  6.  景気低迷なんのその。今年のタイは、東部 経済回廊(EEC)のさらなる発展が経済を下 支えするという。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top