「misonoがタイにやって来た!」WiSE独占インタビュー

「タイに来て、日本の良さを逆に教えてもらった」

「しゃかりき432”」でのトークイベントや「NIPPON HAKU BANGKOK 2018」ステージ、ラジオへの出演など2日間で敢行し、バンコクに爪痕を残したmisono。帰国直前の胸の内を本誌に明かした。 取材・文/山形

「NIPPON HAKU」への出演、お疲れ様でした!

ステージに立って、改めて日本って愛されているんだな〜と感じました。アニメやコスプレ、アイドル…日本の文化を愛してくれている人たちがたくさんいて、日本の良さを逆に教えてもらった感じです。

会場には自分のCD(ゲームの主題歌)を持ってアピールしてくれた人がいて。たった二人なんですけど、それがめちゃくちゃうれしかったです!「このゲームが好きです」「この曲が好きです」って日本語で話してくれました。

タイに来たのは何回目ですか?

day after tomorrowで活動していた頃(2002〜05年)、MV撮影でタイに来ました。その時はプーケットだったかな。もう10年以上前のことでで、ソロになってからは今回が初めて。実はこれまで日本が大好きなこともあって、海外ロケは特別なことがない限りお断りしていたんです。けど今年になって、仕事でもプライベートでも海外に出る機会が一気に増えました。

10年以上前のタイと今で、違いを感じますか?

いや〜、前回はまじで引きこもっていて。空き時間は部屋にいて日本のテレビをずっと見たり…ほんと記憶にない。それに仕事で来てたからスタッフの人と移動するし、現地の人と交流する機会なんて一切なかったんです。それが今回は、着いて早々動物園に行ってきたんですよ。シラチャにある「タイガーズー」。動物たちにめっちゃ癒やされましたね。しかもトラが「人と友だちなん!?」ていうくらいかわいくて賢くて!2日間、仕事も含めてとにかく寝る間を惜しんで外に出てましたね。

心境の変化があったんですね

今年33歳になって、これまでは自分のことでいっぱいいっぱいになってたんですけど、やっと心と体に余裕ができたのか、海外もそうだし、チャリティやボランティアの活動だったり、ものまねだったり…(笑)、活動の幅も視野も広がりました。

それに、プライベートでも仕事でも今までは国内ばっかりだったけど、今年はバリに行ってニューヨークに行って、お仕事ではマレーシア、タイ、あとロサンゼルスでもお仕事が決まって。なんか自分が海外モードになった途端、海外に出るチャンスが一気に広がった感じですね

まぁ、すべてのきっかけは、全部仲間なんですけどね。「misonoも出ない?」って声をかけてくれたり…やっぱり人との繋がりは大事ですし、これからも大切にしていきたい。

今回トークショーもありましたが、それも人脈から?

そうです。「しゃかりき432”」さんが知り合いのお店ということで、急きょイベントが決まりました。「トークショー」と言ってましたが、当日はがっつりライブをやらせて頂きました!

それにラジオ番組「J-channel」への出演も急に決まったものですし、本当に友人や環境に恵まれているなと思います。ありがたいですね。

「今は、海外移住を検討中。タイも候補のひとつです」


本誌へ快くサインを書いてくれたmisonoさん

海外での活動で新たに気づいたこと、感じたことはありますか?

日本だと「お騒がせタレント」とかキャッチフレーズが付いてしまったんですけど(笑)、海外の人たちはそれを飛び越えてなのか、知ってか知らずかわからないですけど、意外と応援してくれている人がいるんだと気づかせてもらって。毎回、その国をより大好きになって、いつも元気と勇気をもらって帰らせてもらう感じですね。周りからは「(日本じゃないから)気をつけてね」って言われるんですが、本当に悪い想いをしたことがない。

ただ、今はいろんな国に行きすぎて言語がごちゃごちゃになっているので、ちょっとどこかに留まりたいなというか、ひとつの言語をちょっと極めたいなと思って、日本を離れて他の国で暮らしたいと考えています。

それは大ニュースです!(笑)もともと、食べ物だったり環境の変化には強いほうですか?

いや〜、もともとは超ネガティブで「自分なんか」って言ってきた人なんですよ。けど、今年から海外に行くようになって、ファッションでも何でもみんなすごい自由に生きていて、すごい刺激になったし勉強にもなって。今は自分を変えたい時期なのか…もっといろんな国に行きたい、もっといろんな人と出逢いたいっていう気持ちが強いです。

そういう風になれたのも、結婚してからですかね。彼(Highsideのドラム・Nosuke)が海外のアートや音楽、映画の中で育ってきたから、アニメだったりJ-POPだったり日本の中で育ってきた私にとっては、新しい風が吹いてきた感じです。海外に出ても、彼がいることで2倍楽しい。見るものすべてが新鮮です。

ちなみに…海外暮らしの候補地にタイは入っていますか?

もちろん! 今のところ、行った国すべてが候補になっています。今回食べたタイ料理は全部おいしかったし、辛いのも大好きですし…あとは、住んで迷惑にならなければ(笑)。

お待ちしてます!(笑)
最後に、タイでの今後の活動予定をお伺いできますか?

今のところ予定はないんですけど、タイの孤児院を回って歌いたいねっていう話はしています。日本でも孤児院や学校を回らせてもらう機会があるんですけど、自分のことを知らなくても、歌うとすごい喜んでくれて。

音を楽しむと書いて「音楽」って読むと思うんですけど、自分の音を楽しめなくなった時期があったんです。唄うことにネガティブだったんですけど、ゲームのスタッフさんたちが「声がいい」って言って、主題歌だったり声優に使ってくれたりして。親からもらったプレゼントがこの喉だし、その歌声だったり、喉を使って喜ばれるなら、みんながそうやって笑顔になってくれるんだったら唄いたいと思えるようになりました。そういう活動をタイでもやっていきたいですし、現地の歌を覚えて披露したいなと思います。ただ別に、歌じゃなくてもいいんです。とにかくいろんな人たちと交流したい。今は言葉が通じないから、その手段が歌になっているだけ。けど改めて、音楽のすごさも感じますね。またタイに来れるように頑張ります!


(profile)
misono ミソノ
1984年、京都府生まれ。女性歌手(day after tomorrow〜ソロに)、タレントとして「ロンドンハーツ」などバラエティ番組で活躍。2017年にロックバンドHighsideのドラム・Nosukeと結婚。今年からイベント等、海外でも精力的に活動中。

special

関連記事

  1. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

    AKB48 単独“ファンミ”開催独占インタビュー

  2. BNK48 伊豆田莉奈×大久保美織インタビュー

  3. よしもとインタビュー

  4. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  5. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  6. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  7. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

  8. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  9. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイで人気のリクルートウェブサイト「JobThai」は、上半期の累計登録者が同期前年比で11%上昇。現在サイト利用者は1000万人以上で、登録者は前年同期より25%増え、90万人となった。  同社によると、2019年上半期で最も求職したのは25〜34歳で全体の58.7%を占めた。業種別ランキングでは「飲食業」がトップ。入国ビザの緩和により、観光スポットなどの飲食店が増えたことが要因とみられる。2位には政府政策の東部経済回廊により「自動車産業」がランクイン。3位以降は「サービス業」、「建築業」、「小売業」と続く。  同社セーンドゥアンCOOは、「求人数は政府の経済政策に大きく関係している。現在の労働者は将来のタイ経済発展の重要な力だ」と話している。  一方、アメリカ系リクルート会社「マンパワーグループ」が行った人材技術の開発研究によると、ITの発展によりデジタル・ロボット化が進んでいるとした。今後はこれらをコントロールできる技術者の存在が欠かせなく近い将来、IT技術者の需要が確実に伸びると予想される。また、今ある企業がITエンジニアを5倍に増やすことで、製造業などの分野で機械化が進み、労働者数は大幅に減ると予測している。  時代によって求められる能力は変化する。これに対応できる人材になることが、生きていく上で重要になっていくだろう。
  2. 濃厚な甘みが特徴の「丸和ポーク」を使用しています。厚切り肉を丁寧に処理し、最新のフライヤー「ドクターフライ」で揚げるためサクサクでジューシーな仕上がりです。油分の吸収を抑えているので、カロリーを気にしている方もお召し上がりいただけます。ぜひ「丸和ポーク」をお試しください。
  3. 軽く炙ったササミ肉を、酢飯にのせた人気の親子丼。甘口醤油ダレと卵黄の組み合わせは最高。鶏の旨みが凝縮したスープで口を潤したら、一気にかき込んでしまいます。
  4. 有名タイ料理店のオーナーが経営するヌードル専門店「スリー・ホイールス・トム・ヤム・ヌードル」。店先に飾られた昔ながらの三輪自転車が目印です。店内はモダンで落ち着いた雰囲気。ゆったりとローカルフードを楽しみたい方にぴったりです。看板メニューは、スパイシーなトムヤムスープに麺や卵、豚肉などが入った「クイティアオ・トムヤム・カイヤーンマトゥム」。魚やタイ風豚肉ソーセージの「ムーヨー」などの具材を追加でトッピングできます。
  5. タイの英字新聞「バンコク・ポスト」は5日、新政府の閣僚7人を集め、「ROADMAP TO SUCCESS : UP CLOSE WITH THAILAND’S NEW MINISTERS」と題したフォーラムを開催した。テーマが示す通り、タイ経済の成長に向けた方針を各大臣が発表。主要産業である輸出のテコ入れから低所得者向けの政策まで、幅広い分野で議論が今後進みそうだ。  先陣を切ったのは、ウッタマ財務大臣。「タイ経済は輸出に大きく依存している」と重要性を強調した上で、米中貿易戦争がタイの輸出低迷に繋がっていると指摘した。  そこで、ジュリン商務大臣はASEAN10カ国に日、中、韓、豪、インド、ニュージーランドを含めたASEANプラス6との自由貿易協定(FTA)の締結を進める。世界のGDPの3割を占めるこの16カ国との貿易を促進し、輸出額を回復させたい考えだ。5年間の軍政時代にFTAが解除された欧州についても、民政移管後を機に協定が復活するとの期待を示した。  スリヤ工業大臣は米中貿易戦争のメリットに注目する。同氏は経済が冷え込む中国の代わりに、投資マネーをタイにシフトさせるべきと主張。特に自動車業界と東部経済回廊(EEC)への投資支援策には力を注ぐという。  ソンティラットエネルギー大臣はタイを「東南アジアの電力センター」とする構想を披露。タイで大量に生産されているパーム油の活用などにより、電力コストを下げたいと話した。  他にも「医療用大麻の合法化」(アヌティン保険大臣)、「医療観光の促進、地方都市へのインバウンド需要喚起、eスポーツの国際大会開催支援、ビニール袋の削減」(ピパット観光・スポーツ大臣)、「『GRAB』の合法化や交通系ICカードの一元化、PM2.5対策、運賃値下げ」(サックサヤーム運輸大臣)、「主要農作物における最低・最高価格の設定」(ジュリン商務大臣)などの政策が挙がった。  いよいよ本格的に動き出した新政府。国民から真に支持を得て、長期政権となれるか。プラユット内閣の真価が問われる。
  6. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。
  7. 「ハングリー・ゴースト・フェスティ バル」は、中華街の8月の風物詩。古来より中華系の人々の間では、旧暦の7月に地獄に通じる門が開き死者の魂が地上に還ると信じられてきたのだとか。このため、弔ってくれる子孫や縁者がいない「ハングリー・ゴースト」たちの魂を慰める風習が生まれました。 「ハングリー・ゴースト」は、悪戯をすると考えられ、食べ物を供えたり、死後の世界で使えるようにと紙幣を燃やすなどして供養します。また、この時期には結婚や引っ越し、不用な外出を控えるといった独特な習わしもあるそうです。

今月人気の記事

PAGE TOP