2018-19:年末年始旅行特集

年末年始が近づき、どこに行こうかと考える人も多いのでは?
タイの有名占い師・トックタック先生が、“開運”をキーワードにオススメスポットを紹介。


トックタック先生
相談者の名前、生年月日(誕生時間)、IDカードの番号(タイ人のみ)の情報を元に、紐付くキーワードや解決法をA4用紙に次々に掲示。独自の“A4占い”を確立し、男女それぞれの視点からズバッと辛口で先々を占う相談スタイルでビジネスパーソンを中心に絶大な支持を得る。英語での占いも可能。
FB:Toktak A4
mail:toktakastrology@gmail.com

インドネシア・バリ島

バンコクから約4時間

“神々が住む島”と讃えられるほど、現在も神聖な寺院や遺跡が数多く残るバリ。世界遺産にも登録されているウブドの「ライステラス」をはじめ、聖なる水が湧き出る「ティルタ・ウンプル寺院」など見所満載だ。その中でも、ひと際パワースポットとして名高いのが、海の霊を祀るバリ・ヒンドゥー教の「ウルワツ寺院」。断崖絶壁にそびえ立つ絶景スポットとしても知られており、夕陽をバックに、バリ3大舞踊のひとつ「ケチャックダンス」が見られることでも有名。自然と伝統が織り成す、幻想的な時を過ごせること必至だ。

神秘的な音色が響く「ガムランボール」はマストバイ

【トックタック先生のアドバイス】
「シャラン…」と優しい余韻を響かせるガムランボールは、宗教儀式で神に捧げる音楽として使われるの。丸い形は神が宿る「月」を表し、身に付けると願いが叶うと言われているわ。花や星などモチーフはさまざま。フィーリングに合うものを探して。
仕事運:★★★
健康:★★
金運:★★★★★

エアーズロック

バンコクから約15時間

オーストラリア中央の砂漠に突如現れる世界最大級のエアーズロックは、高さ約350m、全長約3400mの一枚岩。最大の見所は、太陽の光で刻々と変える繊細な表情。朝日に照らし出された岩肌は徐々にオレンジから燃え立つような赤に変化し、夕暮れ時は夕陽のオレンジ、深紅、紫、濃い青と、夜の闇に静かに消えていく。先住民アボリジニの伝説が残ると言われている同地への登頂は、2019年10月をもって永久に禁止とのこと。なお、エアーズロックが位置するウルル=カタ・ジュタ国立公園への入園は可能だそう。

♡のくぼみを待ち受け画面にして健康運UP!

【トックタック先生のアドバイス】
エアーズロックの麓にある「ムティジュルの泉」は“不滅の泉”と呼ばれ、水が枯れないことで有名。ハート型のくぼみを撮影し、携帯することで健康運を引き寄せられるとも言われているわ。ぜひ、あやかりたいものよね。特に来年は、仕事運が好調な一方、疲れが溜まりやすい金曜日生まれ必訪のスポットよ。
仕事運:★★★
健康:★★★★★
金運:★★★

アンコールワット

バンコクから約1時間

世界遺産「アンコールワット遺跡群」があるのは、カンボジアの首都プノンペンから北西へ320kmのシェムリアップ。その中心的存在「アンコールワット」は、四方約1.5kmにクメール王国の栄華の面影を纏った見事な回廊やレリーフが残され、訪れる者の目を奪って止まない。観光シーズンは12月〜3月上旬の乾季。雲が少なく、日の出鑑賞にも最適だ。朝日に染められ、徐々に仏塔のシルエットが浮かぶ様はまさに圧巻。一年の始まりにふさわしい活力を全身で感じられるだろう。わざわざ足を運ぶ価値は、絶対にある。

土着のパワーみなぎるシェムリアップの街を散策

【トックタック先生のアドバイス】
通常のクメール寺院と異なり西向きに建てられたアンコールワットの神殿には、太陽崇拝という理由もあるらしいわ。古代ロマンよね。また、シェムリアップの街にも、私はスピリチュアルなものを感じるの。街を散策したり、ホテルで過ごすだけでもエネルギーをもらえるわ。特に、商売運など金運UPにいいわね。
仕事運:★★★★
健康:★★
金運:★★★★★

モルディブ

バンコクから約4時間30分

インド洋に浮かぶ1200もの小さな島々からなるモルディブ共和国は、エメラルドグリーンの海に囲まれた世界屈指のリゾートアイランド。空港からフェリーで約10分の場所に位置する首都マレですら、徒歩2時間ほどで一周できるコンパクトな街だ。マレから気軽にアクセスできるヴィリンギリ島などの離島には、南の島ならではのスローな時間が流れローカル感が満載。透き通ったビーチで楽しむマリンアクティビティや優雅なリゾートステイなど、この国ならではの魅力に出合えるだろう。ハイシーズンは1月下旬〜4月上旬。

モルディブのソウルフードで心とお腹を満たして

【トックタック先生のアドバイス】
プライベートビーチ付きのリゾートが多いモルディブは、月曜や水曜生まれに特におすすめよ。旅先だからってあくせく観光する必要はないの。馴染みは薄いけれど、新鮮な魚介を使ったモルディブ料理で、大自然の恵みを頂いて。
仕事運:★★★★
健康:★★★★★
金運:★★

Deevana Plaza Krabi Aonang

ファミリー層に大人気!ビーチ眼前のモダンリゾート

GAJAPURI & GAJALANAI

連れ、大人数利用も◎プライベート感重視のホテル

THE BEACH NATURAL RESORT

タイ東部を代表する美しき海で、自分を開放して

THE TONGSAI BAY

ホテルと自然が融合全室オーシャンビューの楽園

Tinidee@Ranong

タイ南部の風に癒やされて心も体もリフレッシュ!

【タイ式2019年上半期】誕生曜日占い

タイの占いと言えば、誕生曜日占いが主流。来年上半期の各曜日の全体運と、訪れるべき開運スポットをトックタック先生に占って頂きました。行くだけで運気が上がっちゃうかも!?
▶誕生が何曜日か調べる

日曜日生まれ

田舎や秘境で新しい自分を発見
[開運:オーストラリア、ペルー]
自分の世界観をしっかりと持つ日曜生まれ。安定した職業を好み、来年は仕事で海外との接点も。旅先は観光地以外が吉。ただし、旅先での散財には要注意。来年のラッキーカラーは、大地を連想させる赤と黄色。

月曜日生まれ

水辺で心身を浄化し運気UP
[開運:モルディブ、カナダ]
個性が強く、人より短気なのが月曜生まれの特徴。来年は出費が増えるため、旅先は自然や寺院などお金のかからない場所が◎。ラッキーカラーの青と白色に囲まれたビーチや湖、滝などで英気を養って。

火曜日生まれ

古都や遺跡など歴史探訪が◎
[開運:アンコールワット、スリランカ]
ズバッと意見を主張し、強い意志で前に突き進むタイプ。来年は金運に恵まれ、昇進など仕事も順調に。自分の時間を大切にする火曜生まれは、寺院や遺跡への一人旅がおすすめ。ラッキーカラーは緑色とグレー。

水曜日生まれ

キーワードは“心のリフレッシュ”
[開運:バリ島、静かな穴場リゾート]
短気ながらも、仲間を大切にする繊細さが魅力の水曜生まれ。来年は仕事が好調な一方、多忙により精神的な休養が必要に。家族と近場へ出かけたり、海外の友人を訪ねて。ラッキーカラーは夕陽の赤と黒色。

木曜日生まれ

仕事運UPで昇進や転職も吉
[開運:オーストラリア、スペイン]
真面目で頭の回転が早いものの、意思の弱さが玉にキズ。ただし、来年は困難を克服でき、特に商売運が上昇傾向に。恋愛運も上々。カップル旅なら、茶色やオレンジなど土のパワーを感じられるトレッキングを。

金曜日生まれ

感性を磨いて視野を広げる年
[開運:オーストラリア、モロッコ]
クリエイティブな金曜生まれは、やや寂しがり屋。来年は仕事運が絶好調なので、転職や昇進に備え、感性を磨ける場所へ出かけて。夫婦やカップルにはロマンチックなリゾートが◎。ラッキーカラーは白とピンク。

土曜日生まれ

初めての土地で新たな出会いも
[開運:バリ島、初訪問の土地]
ストレートで努力家な土曜生まれは、一人の時間を充実させたいタイプ。来年は出会いが多く、旅先で恋に落ちる可能性も。プラン重視型なので、旅行会社のツアーに参加するのもアリ。澄んだ空の青色が開運のカギ。

special

関連記事

  1. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

    AKB48 単独“ファンミ”開催独占インタビュー

  2. BNK48 伊豆田莉奈×大久保美織インタビュー

  3. よしもとインタビュー

  4. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  5. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  6. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  7. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

  8. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  9. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイで人気のリクルートウェブサイト「JobThai」は、上半期の累計登録者が同期前年比で11%上昇。現在サイト利用者は1000万人以上で、登録者は前年同期より25%増え、90万人となった。  同社によると、2019年上半期で最も求職したのは25〜34歳で全体の58.7%を占めた。業種別ランキングでは「飲食業」がトップ。入国ビザの緩和により、観光スポットなどの飲食店が増えたことが要因とみられる。2位には政府政策の東部経済回廊により「自動車産業」がランクイン。3位以降は「サービス業」、「建築業」、「小売業」と続く。  同社セーンドゥアンCOOは、「求人数は政府の経済政策に大きく関係している。現在の労働者は将来のタイ経済発展の重要な力だ」と話している。  一方、アメリカ系リクルート会社「マンパワーグループ」が行った人材技術の開発研究によると、ITの発展によりデジタル・ロボット化が進んでいるとした。今後はこれらをコントロールできる技術者の存在が欠かせなく近い将来、IT技術者の需要が確実に伸びると予想される。また、今ある企業がITエンジニアを5倍に増やすことで、製造業などの分野で機械化が進み、労働者数は大幅に減ると予測している。  時代によって求められる能力は変化する。これに対応できる人材になることが、生きていく上で重要になっていくだろう。
  2. 濃厚な甘みが特徴の「丸和ポーク」を使用しています。厚切り肉を丁寧に処理し、最新のフライヤー「ドクターフライ」で揚げるためサクサクでジューシーな仕上がりです。油分の吸収を抑えているので、カロリーを気にしている方もお召し上がりいただけます。ぜひ「丸和ポーク」をお試しください。
  3. 軽く炙ったササミ肉を、酢飯にのせた人気の親子丼。甘口醤油ダレと卵黄の組み合わせは最高。鶏の旨みが凝縮したスープで口を潤したら、一気にかき込んでしまいます。
  4. 有名タイ料理店のオーナーが経営するヌードル専門店「スリー・ホイールス・トム・ヤム・ヌードル」。店先に飾られた昔ながらの三輪自転車が目印です。店内はモダンで落ち着いた雰囲気。ゆったりとローカルフードを楽しみたい方にぴったりです。看板メニューは、スパイシーなトムヤムスープに麺や卵、豚肉などが入った「クイティアオ・トムヤム・カイヤーンマトゥム」。魚やタイ風豚肉ソーセージの「ムーヨー」などの具材を追加でトッピングできます。
  5. タイの英字新聞「バンコク・ポスト」は5日、新政府の閣僚7人を集め、「ROADMAP TO SUCCESS : UP CLOSE WITH THAILAND’S NEW MINISTERS」と題したフォーラムを開催した。テーマが示す通り、タイ経済の成長に向けた方針を各大臣が発表。主要産業である輸出のテコ入れから低所得者向けの政策まで、幅広い分野で議論が今後進みそうだ。  先陣を切ったのは、ウッタマ財務大臣。「タイ経済は輸出に大きく依存している」と重要性を強調した上で、米中貿易戦争がタイの輸出低迷に繋がっていると指摘した。  そこで、ジュリン商務大臣はASEAN10カ国に日、中、韓、豪、インド、ニュージーランドを含めたASEANプラス6との自由貿易協定(FTA)の締結を進める。世界のGDPの3割を占めるこの16カ国との貿易を促進し、輸出額を回復させたい考えだ。5年間の軍政時代にFTAが解除された欧州についても、民政移管後を機に協定が復活するとの期待を示した。  スリヤ工業大臣は米中貿易戦争のメリットに注目する。同氏は経済が冷え込む中国の代わりに、投資マネーをタイにシフトさせるべきと主張。特に自動車業界と東部経済回廊(EEC)への投資支援策には力を注ぐという。  ソンティラットエネルギー大臣はタイを「東南アジアの電力センター」とする構想を披露。タイで大量に生産されているパーム油の活用などにより、電力コストを下げたいと話した。  他にも「医療用大麻の合法化」(アヌティン保険大臣)、「医療観光の促進、地方都市へのインバウンド需要喚起、eスポーツの国際大会開催支援、ビニール袋の削減」(ピパット観光・スポーツ大臣)、「『GRAB』の合法化や交通系ICカードの一元化、PM2.5対策、運賃値下げ」(サックサヤーム運輸大臣)、「主要農作物における最低・最高価格の設定」(ジュリン商務大臣)などの政策が挙がった。  いよいよ本格的に動き出した新政府。国民から真に支持を得て、長期政権となれるか。プラユット内閣の真価が問われる。
  6. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。
  7. 「ハングリー・ゴースト・フェスティ バル」は、中華街の8月の風物詩。古来より中華系の人々の間では、旧暦の7月に地獄に通じる門が開き死者の魂が地上に還ると信じられてきたのだとか。このため、弔ってくれる子孫や縁者がいない「ハングリー・ゴースト」たちの魂を慰める風習が生まれました。 「ハングリー・ゴースト」は、悪戯をすると考えられ、食べ物を供えたり、死後の世界で使えるようにと紙幣を燃やすなどして供養します。また、この時期には結婚や引っ越し、不用な外出を控えるといった独特な習わしもあるそうです。

今月人気の記事

PAGE TOP