店を構えて52年伝統の焼アヒル丼

タイの街角の屋台・ローカル飯を紹介、庶民のアロイ飯を食べ尽くそう!

店を構えて52年伝統の焼アヒル丼

タイ風焼アヒル丼
50B

ข้าวหน้าเป็ด
カオ・ナーペッド
今回のアロイ飯は「カオ・ナーペッド」というタイ風焼アヒル丼。

タイでは一般的なメニューですが、「なかなか良い店が少ない」というのがタイ人の中ではよく言われること。

しかし、トンローの「グワーントゥン」は、誰もが認めるアヒル料理の名店。

同店の焼アヒル丼は、臭みの少ないジューシーな肉と皮がとても柔らかく、特製のソースは、香料たっぷりの伝統的なローカル味。

漬け物と一緒に食べれば、より本格的な味わいが口に広がります。

焼アヒル丼とも相性抜群のワンタンスープもオススメ。

日本人の口にもよく合う、あっさり味のスープ、ワンタン、焼豚も抜群にアロイ! 52年間、変わらぬ味を提供し続けているこのアロイ飯。

食べてみればその歴史の奥深さも感じられるかもしれません。

ワンタンスープ
50B〜

เกี๊ยวน้ำ
キアオナーム
店舗情報
店名 グワーントゥン
営業時間 8:00〜17:00
価格帯 50B〜 
定休日 1ヵ月に2回(不定休) 
駐車場 なし
BTSトンロー駅3番出口から、スクンビット・ソイ55へ入り、徒歩で約100メートルほど。セブンイレブンの隣にあります

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top