芸能人も多数来店都庁近くの有名店

タイの街角の屋台・ローカル飯を紹介、庶民のアロイ飯を食べ尽くそう!

芸能人も多数来店都庁近くの有名店

ミーは「ビーフン」、クラチェートは「水おじぎ草」
60B

หมี่ผัดกระเฉด
ミー・クラチェート
バンコクの有名なランドマークのひとつ「サオチンチャー(大ブランコ)」近くにビーフンで有名なタイ料理の老舗があります。

その名は「ソー・ナーワン」。

開業15年目となる同店の看板メニューは「ミー・クラチェート」。

ミーは「ビーフン」、クラチェートは「水おじぎ草」という意味。

これらの食材と一緒に、豚肉などを唐辛子やニンニクと一緒に炒め、ナンプラーでしっかり味付け。

シャキシャキとした食感が良く、ジューシーな豚肉と香り高いビーフンが絶妙に混ざり合い、とってもアロイ! 辛さも抑えてあるので、日本人も安心して味わえるのもうれしい。

庶民から芸能人まで幅広く来店しているというから、クオリティはお墨付き。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

スープなしのタイ風すき焼き
60B

สุกี้แห้งหมู
スキヘーンムー
店舗情報
店名 ソー・ナーワン
営業時間 11:00〜23:00
価格帯 60B 
定休日 なし 
駐車場 なし
バンコク都庁正面。BTSナショナルスタジアム駅からタクシーが便利。「バンコク都庁へ行きたい(パイ・サーラーワーカーン・クルンテープ)」と伝えましょう。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top