あえて南国でベストを着る。 その粋な着こなしとは。



普段、特に気にせずつけているレジメンタルタイ。

ストライプ柄の中でも斜めストライプのものをレジメンタルと呼ぶのですが、実はその柄によって意味があるのをご存じですか。

レジメンタル(regimental)とは、軍服や連隊という意味を持つ英語。

もともとは英国の軍旗をベースにしていて、陸軍は紺・白・エンジのレジメンタルタイ。

海兵隊は紺・赤・黄のレジメンタルタイを着けたといわれています。

また、イギリスの名門大学もそれに習うように、レジメンタルタイの色で大学を分けるようになりました。

さらに、斜めストライプの向きにも意味があり、右上から左下に向かうのが英国式。

逆に左上から右下に向かうストライプが米国式と、正統派の英国流に少しアレンジを加えるのが米国流といったところでしょうか。

そんなレジメンタルタイの歴史を知ると、着ける時のシーンにも少しこだわりを持ちたくなるもの。

たとえば、ヨーロッパ的な正統派スーツに合わせるなら英国式のレジメンタル。

そして、米国生まれのジャケットスタイルに合わせるなら米国式と、時には自分なりのオシャレを楽しんではいかがでしょうか。
あえてストライプの シャツに合わせてみる


ストライプのシャツにレジメンタルタイを合わせるのも粋なコーディネート。

ストライプの幅を変えて太いストライプのレジメンタルを選べば、すっきりとした雰囲気に。

KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

Tel:02-234-1118 日本語直通 094-169-1696 Website:https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top