トラッドスタイル(英国紳士のようなファッションを原点とした、上品でいつの時代でも着こなせるコーディネート)が好きな人の必須アイテムの一つに「クレストタイ」がよく挙げられます。

そもそもクレストとは、英国の伝統的な盾形の紋章をあしらった柄のことで、起源は11~14世紀の十字軍遠征の頃にまで遡り、軍隊の紋章などにも使われていたとされています。

クレストタイの醸し出す印象は知的で高貴なこと。

“大人のお洒落はさりげなく”とはよく言ったもので、普段のさり気ないスーツの着こなしに、一味加えるだけで、グッと格調高い印象に早変わりすることが出来ます。

スーツはもちろんのこと、ジャケット・パンツスタイルとの相性もよく、デザインされた紋が小さめだとビジネス向きの堅いイメージに。

逆に大きめだとカジュアル的なラフなイメージを表現してくれます。

商談などでお客様に会う時など、控え目なスーツを着てさり気なく“クレストタイ”を合わせてみる。

ストライプやドット柄に比べてまだまだ締めている方も少ないので、自分なりの個性をさりげなく相手にアピールするチャンスかもしれません。  
合わせる色や柄が 更に個性を引き立てる


ひと言に「クレストタイ」といっても、色やデザインは豊富。

ちなみにレジメンタルが入っているもの(写真 左)は“ロイヤルクレスト”と呼ばれ、元来は王室付き近衛連隊の将校専用に考案されたといわれている。

KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

Tel:02-234-1118 日本語直通 094-169-1696 Website:https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top