ビデオ会議に細かい柄物はご法度
先週に引き続き、テレワークと好相性のシャツ選びについてお話ししたいと思います。

画面越しだからこそ、いつも以上に相手を不快にさせない清潔感&きちんと感が大切なことは周知の通り。

しかしとある意識調査では、男性の約半数が「画面越しに自分の顔を見るのが嫌」と回答しているのだとか。

もしもテレワークにこうしたストレスを感じているのなら、色選びと同様にカメラ映えする柄も意識してみましょう。

一般的に、細かい柄や小さすぎるモチーフは画面上で“モアレ”と呼ばれる視覚的ノイズを起こし、些細な動きでも落ち着きのない印象を与えてしまうためテレワークにはやや不向き。

同じチェック柄でも、カジュアルになりすぎない程度にひと回り大きい格子を選ぶのがお薦めです。

また、インパクトのあるプリント柄も視線を引きつけてしまうので避けたほうが無難でしょう。  
寒色ストライプでクールに決める
黒やグレー、ネイビー色のストライプ柄は、メリハリや引き締め効果を期待できます。

一方、対面では明るい印象になる暖色系は、画面越しではチラついたり通常より着太りして見えてしまうのでご注意を。

KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

Tel:02-234-1118 日本語直通 094-169-1696 Website:https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top