丈は長め・素材は薄手、色柄は…?
「足元を見る・見られる」という表現があるように、どれだけ上質なスーツを身に付けていても、足元が残念だと全体的に良い印象は残せません。

こうお伝えすると、「靴」だけを連想する方も多いと思いますが、実は丈や素材、長さなど種類が豊富な「靴下」もコーディネートの重要なポイント。

“どうせ見えないから”と、3足セットの同色を履き回している方は要注意です! まず大前提として、スーツをフォーマルに着こなすのならパンツの裾から素肌が見えるショート丈や季節感のある厚手の素材、ゴムが伸びてダボ付いた靴下は絶対にNGです。

スーツには「ロングホーズ」と呼ばれる長靴下を合わせるのが基本中の基本。

その上で、柄は無地か控え目な小紋柄程度に留め、ロゴも目立たないものを選ぶことで全体がスッキリとまとまります。  
“靴下はスーツの延長線”と考える
最近は細身のパンツが主流になり、丈は裾が靴の甲に少しかかるくらいの「ハーフクッション」が一般的。

ただし、この丈だと足首が僅かに見えるため、パンツの裾と靴の間を埋め繋ぎ目の役割を果たす靴下のセンスがより問われてきます。

こうした際に、靴下の色は靴ではなくスーツ側に揃えるのがコツ。

靴下の“悪目立ち”を防ぎ、全体的に馴染んで見えるので覚えておきましょう。

KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

Tel:02-234-1118 日本語直通 094-169-1696 Website:https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top