Vol.80 ワイシャツの歴史と重要性 ー by Hiroyuki Tokano

ワイシャツ各種1,590B

普段、さりげなく着ている“ワイシャツ”。
皆さんはなぜワイシャツと呼ばれているかご存知でしょうか。
その由来はもともと、英語の「White Shirt (ホワイトシャツ)」から始まったといわれており、アメリカ人の発音「ホワイ・シャツ」の「ホ」が日本人には聞き取りづらく、「ワイ・シャツ」の呼び方で日本に定着したといわれています。

この“ワイシャツ”という呼び方は日本人特有の呼び方であり、海外では「White shirt」のことなので、海外の方と接する場面で、ブルーやピンクなどのカラーシャツを“ワイシャツ”と呼ぶと「それは白ではなくカラーシャツなのでは?」と不思議に思われることがあります。

そんな長いワイシャツの歴史ですが、もともとは肌着として始まり、それが徐々に部屋着として着られるようになり、やがてはジャケットの下に着る普段着へと変化をしてきました。
(このような暦の観点からも、オフィシャルな場では上にジャケットを羽織るべきというのも納得できます)

そして、現代では白のみに限らず、個性を表現する重要アイテムとして様々な色柄を楽しむことができます。

清潔感や誠実さを表現する白、爽やかさを表現するブルー、優しく華やかな印象のピンクなどのカラーバリエーションに加え、知的さやスタイリッシュさを演出するストライプ、柔らかさや優しさを演出するチェックなど、多くの色柄の組み合わせにより、シャツが与える印象こそが個人のイメージを作り上げる存在へと変化を遂げています。

シャツ・パンツスタイルがビジネスの基本となっている南国タイでは、ワイシャツの重要性はさらに大切になってきます。
いつもより少しだけ自分に合ったシャツ選びを意識して、ワンランク上の自己表現を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本では見ることの少ない濃色も、タイではスタイリッシュで男らしい雰囲気に
同じ白シャツでも、襟裏や袖裏にワンポイント入れるだけで、アクティブでお洒落な印象に


KONAKA(THAILAND)CO., LTD.

TEL

02-234-1118

日本語直通

094-169-1696

E-mail

tokano_ktl@suit-select.com

WEBサイト

https://www.suit-select.com/th/

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る