いつ着るの? チョンカベーン

タイの伝統的なパンツ、「チョンカベーン」。

アユタヤ王朝時代から長い間庶民の着衣として親しまれてきましたが、1935年、近代化を目指す政府の方針により日常での着用が禁止されました。

今では結婚式の正装、タイダンスの練習、伝統文化にまつわるショーなどでしか見られなくなりました。

ダンスで使われるのは、圧倒的に赤い布。

宮殿で教鞭をとる講師が、学生に白シャツと赤いチョンカベーンの着用を義務付けたからだそうです。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top