なぜ2色ある? 2B硬貨

タイの2B硬貨が初めて作られたのは、2005年。

利用範囲が広い1B硬貨が、多く出回るようになったため、政府が造幣のコストを削減するために考案したそうです。  

もともとの色は1B硬貨と同じく銀色でしたが、見た目がほとんど変わらず大きさだけでは区別しにくいため、2008年に金色の硬貨が登場しました。

2B硬貨の登場で、政府は1B硬貨の使用率を3割ほど削減することができると予想しています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top