なぜ4年もかかった ワット・アルン改修

長らく改修が続いていたワット・アルン。

13年から始まった工事は15年完了予定でしたが、遅延の理由は資金難。

改修には芸術局、寺院が関わり、総改修費1.3億Bを3年に分けて捻出する予定でしたが、3年目で資金繰りが難航し一旦中止となりました。

2016年に資金調達の目処がたち、工事が再開。  

表面にはびこったカビをはがし、本来の白色に戻った姿が、2017年8月にやっとお披露目となりました。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top