「サナームルアンは 何に使われる場所?」

「サナームルアンは何に使われる場所?」

国王や王族の方が崩御された際、荼毘に付すための場所が「サナームルアン」、つまり王宮前広場のことです。ラマ1世の時代から使用され、当初は「トゥンプラメーン」と呼ばれていました。「メーン」はタイ語で火葬場の意味で、ラマ4世の時代に今の呼称に。現在、サナームルアンは国王皇后の誕生祝賀行事などが行われ、非常に大きな意味合いを持つ重要な場所です。凧揚げや散歩、政治集会などに使われたこの広場は、2011年からバンコク都が管理し、以降、政治活動や駐車、物販などが禁止になりました。開園時間は朝5時から22時の間です。

※皆様からの質問をメールで受け付けております。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 経営を揺るがす!? 工場“臭気” プロが調査・対策の一気通貫サービス展開
    経営を揺るがす!? 工場“臭気” プロが調査・対策の一気通貫サービス展開

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top