タイの『子どもの日』はいつ?どんな日?

タイの「子どもの日」は1955年10月に初めて制定されました。

しかし、雨季の最中に子どもの日のイベントに行くことは大変、という理由で65年から1月の第2土曜日に変更となりました。

子どもの日を定めた理由は、これから成長していく子どもに、国民としての重要な義務、職責、権能、王立機関などを学んでもらうためです。

また、国民に対しても子どもの意見をより重視するように促しています。

毎年、民間企業、公社、政府の協力により、タイ全国でイベントを開催。

特に、首相府と軍関連施設で行われるイベントが人気です。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top