タイの葬儀で燃やす「紙花」

タイの葬儀は、喪に服す期間が1日、3日、5日、7日間と決まっており、最終日に白檀の香りを放つ紙で折られた花「ドークマイジャン(紙花)」を故人と一緒に燃やす習慣があり、

香気が死霊を天国へ送ると信じられています。

現在、ラマ9世の葬儀に使用する水仙や蘭などの紙花100万本を7月末までに用意するため、「紙花ブース」が有名デパート内に特設されています。

「父への愛を伝える最後の機会」と考え、参加するタイ人も多いそうです。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top