“プラーニン”は日本の魚なの?

1965年、当時の皇太子・明仁親王(今上天皇)がタイを訪問されました。

魚の研究に携わっておられた親王は、プミポン前国王にティラピア(原産:アフリカ)50匹を寄贈。

前国王は「プラーニン」と名付け飼育されていましたが、成長が早く栄養価も高いことが判明したため、良質なタンパク源として国民に食用を勧められました。

しかし前国王ご本人は食されず、その理由を「子どものような存在を、どうして食べられるだろうか」と語られたそうです。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

PAGE TOP
Top